1
青森県八戸市大字十三日町。八戸には安藤昌益資料館もございます。三社大祭の時にたまたま見つけた標柱ですが、特にその痕跡たるものはわかりませんでした。
2
標柱より…『江戸時代中期の医者であり、封建制批判の思想家として知られる安藤昌益(1703-1762)が居住していた場所である。生涯のほとんどが不明であるが、八戸藩日記には、延享元年(1744)櫛引八幡宮の祭礼で行われた流鏑馬の射手の病気を藩命で診療したことや翌年家老の病気を診療したことが記されている。また延享3年の宗門改帳によると、昌益44歳で男2人女3人の家族でこの場所に住んでいたことが知られている。昭和56年11月』
3
4
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ