1
桝形(枡形)は旧城下町にある町のつくりでカギ型の場所です。
2
桝形標柱(昭和37年創建・平成11年3月改建)より…『城下町に出入するけじめのところ。旅行者などをここまで出迎え、或いは見送ったと云う。』
3
桝形には地蔵井戸と地蔵堂があります。少し南へ行った左手には一里塚(標柱)もあります。花輪の一里塚は盛岡夕顔瀬橋を起点とした鹿角街道沿いに設けられました。
4
地蔵井戸。
5
『旧関善酒店・おせど・小田島家住宅』並びに『万山さんの井戸(萬三稲荷の水場)』と同じ通り沿いになります。
6
上段が飲用、下段が野菜や飲み物等の冷却、その余水が洗い物用。
7
井戸の上に枡形(ますがた)の案内板がありました。『「花輪ばやし」祭典で10町内の屋台は、20日午前0時を期して「朝詰」のパレードが始まる。暗闇の中、最初に稲村橋に詰め、次に舟場から新田町の枡形に向う。ここで御旅所から神幸した御輿の前で、一台ずつの神事が行なわれる。枡形は、「城かしら」と呼ばれる城下町に見られる町のつくりで、敵が一気に攻められないようカギ形状になっていた。近くに地蔵様や庚申塚などが並ぶ一角があり町はずれを思わせる。枡形は、旅立ちの際の送り迎えをした'境むかえ'が行なわれた所でもある。』
8
昭和40年代の新田町。
9
地蔵堂は地蔵井戸のすぐ裏にあります。
10
地蔵堂。
11
地蔵尊。
12
枡形から少しだけ一里塚方面に南下すると庚申塚があります。
13
庚申塚。
14
庚申塔(安永4乙未歳5月14日)。中々古いものでございます。
15
金毘羅大権現(嘉永7甲寅年10月10日)。
16
裏面には「町内安全」と彫られ、下部に願主名が見えます。
17
石塔が三基。
18
1つは庚申塔(甲子)。紀年銘は文政7甲申年。
19
もう1つは唐松大権現。紀年銘は安政6己未歳8月吉辰。
20
真ん中の碑は状態が悪くて読み取れませんでした。
21
小祠があります。
22
2躰祀られております。お顔は見えますが、布で判断できず。
23
石祠。
24
こちらは庚申塔のようです。紀年銘は大正。下部は同じく布で見えず。
25
石祠自体の方が古く、紀年銘は明治42年12月。横には名前等が彫られています。
26
26.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ