1
青森県八戸市白銀町三島上。
2
JR八戸線の白銀駅の近くで、目の前に線路があります。
3
ちょうど電車が通過していきました。
4
4.5
社号標(平成元年7月7日)。
5
表参道の階段と二之鳥居。
6
狛犬一対(昭和5年旧6月7日)。
7
7.5
手水舎。
8
手水鉢。
8.5
手水舎横に福徳ふくろう(平成21年12月吉日・三嶋神社総代会)。
9
苦労(クロウ)を水で流して福(フク)を呼びこむ!
10
このフクロウに水をかければいいのかな。
11
福徳ふくろうの裏に誰かがいます。
12
二宮尊徳像。たった今クロウを水で流したばかりですが…クロウも大事ですよね笑
13
社殿と参集殿。
14
こんな高台に駐車場があるんですね。徒歩なので関係ありませんがちょっと見てみます。
15
賽乃神。
16
「伝説」源義経北方コース「源治囲内」案内板…『悲劇の名将と世にうたわれた源九郎判官義経は兄の頼朝に追われ文治5年(1189年)4月平泉の高館において31歳の若さで自害したといわれている。短く華麗だったその生涯を想い、後世の人々は「義経はその前年にひそかに平泉を脱出し、北をめざして旅にでた」という伝説を作りあげたのである。世に言う「判官びいき」であろう。海路を舟でやってきた義経一行は、八戸の浦へ上陸し、白銀の村に一時仮住居を定めることにした。この白銀あたりに残る「源治囲内」という地名は「源氏の屋敷」との意味だったといわれ義経一行が館越に居を移す前に法官氏の世話で住んでいたところであるという。法官という姓は、義経が一行に世話を焼いてくれた者に「今後、判官と名乗るがよい」と申し渡したが、判官と名乗るのは差し障りがあるというので、法官と改姓したといわれている。公益社団法人八戸観光コンベンション協会』
17
駐車場からの眺望。
18
福昌寺が見えました。
19
駐車場の片隅に錆びた錨がありました。
20
八戸港船舶給水の地…『ここは、昭和23年、八戸港船舶給水のため三島神社境内の一部を譲り受け、山上配水池を建設した場所で、標高は17,305mです。昭和38年には、浜通り高台地区への給水を目的に三島上ポンプ場が建設され、地下に52メートルの井戸を掘削し、標高85mの鉄砲平配水池に送水しました。階上岳に源を発する「三島の湧水」は上水道水源として、浜通りの「水くみ作業」を解消し、そして、八戸港の船舶給水として、八戸市民の生活と産業、経済の発展を担ってきました。昭和41年3月三島上ポンプ場は、三島下ポンプ場の整備に伴いその役割を譲り、取水停止後は、水道メータの検査室や東部応急給水資材センターとしても運用され水道事業を支えて来ました。今、それらの役目を終えた三島上ポンプの足跡を思うとともに、今後の水道事業の発展を期し、記念碑を建立して後世に永く伝えるものです。平成25年7月八戸圏域水道企業団企業長小林眞』
21
社殿前に戻ります。
22
御祭神は市杵島姫命・多岐理毘売命・多岐都比売命の宗像三女神です。例祭日は7月7日。旧郷社。
23
嘉永2年の神職宅の火災により資料等焼失し創立年代不詳。口伝によりますと、大同2年(807)南都中納言藤原諸江卿故あって奥州に配せられ、転一転当地にとどまり名を五郎兵衛と改め漁師となりました。出漁の際に海中より三面の神鏡を獲、これを祀りしより漁に恵まれ、住民共々一小宇を建立。
24
24.5
後に、根城南部五世政長を招きます。出陣にあたり三嶋明神に戦勝を祈願。祈願成就により代々南部家の御信仰篤く、八世政光公、南北朝合体の際、足利氏に属するを潔とせず国替えとなり、元中9年(1391)、一門新田左馬助政持と共に糠部へ下向の節、本国甲州の城中に祀りし大山津見命を勧請合祀し、以来毎年正月25日に御参拝。八戸南部家に於ても尊崇篤く、二代直政公が漁神として崇敬し延宝7年(1679)(※天和元年とも)御本殿建立。三代通信公が元禄年間に鞘殿兼拝殿を建立。明治17年鞘殿及び拝殿を氏子にて造営。現社殿(鞘殿・幣殿・祝詞殿・拝殿)は氏子により昭和16年7月8日起工、昭和17年7月7日落成。延宝7年の御本殿は現存。昭和34年皇太子殿下の御成婚を祝し、更に漁業八戸の隆盛を祈念し、氏子崇敬者一同神輿奉納をはかり昭和35年7月7日奉納。昭和36年の白銀大火の火災復興事業により車道建設。
25
三間社。
26
拝殿前石灯籠二対。
27
27.5
内古い方の灯籠一対は昭和14年7月7日支那事變二週年記念日建立。
28
28.5
殉國碑(日本郷友連盟会長後宮淳謹書)。
29
裏面碑文…『人類の福祉と世界平和確立のため日清日露の両戦役、満州支那の両事変及び大東亜戦に、国の礎となられた戦友の御霊を慰め殉国の精神を、永久に伝えんとして、之を建立す。昭和38年8月15日白銀郷友会』
30
三峰館寛兆句碑「夜網引く浦より出たり夏の月」寛兆(宮司島浦千晴書)。
31
句碑建立者は俳人田名部清一(柊一)。平成15年7月1日建立。
32
社殿横の末社。小祠は子藥師神社で神鏡や石が祀られているのが見えました。
33
子藥師神社の横に稲荷大明神。紀年銘は注連縄で見えませんが、昭和年間の旧3月6日建立です。南山書。
34
その横に金毘羅大権現。紀年銘は読み取れそうで読み取れず。
35
更に出羽三山。紀年銘は文久3癸亥年3月8日
36
巳神もしくは巳ノ神。
37
金毘羅宮。
38
稲荷宮。
39
こちらは…
40
八大龍王かな。自信ありません。
41
その他稲荷の狐様等。
42
神楽石。
43
神楽石について…『まず御神前にて祈願をします。次に両手で神楽石を持ち、自分が予想していたよりも軽く感ずれば願いが叶い、重ければ叶わないとする試し石です。一般には、「おもかる石」といわれています。※あぶないので、小さいお子さんは持ってはいけません。』
44
神楽殿。
45
三嶋神社沿革碑(沿革の内容は上記と同じであるため省略。神輿奉納時の記念碑で裏面は神輿奉納奉讃者芳名。昭和35年10月吉日)。
46
三嶋七福神石像。平成16年8月完成。
47
大黒天・毘沙門天・辨財天・恵比寿・福禄壽・壽老人・布袋。
48
48.1
48.2
48.3
48.4
48.5
48.6
参集殿。203坪。平成11年3月建立。大きいです。
49
参集殿建設資金境内整備資金寄付者御芳名碑(平成14年7月7日)。
50
車祓所。
51
おみくじ舎。
52
七福ロウ。
53
53.5
御朱印もありました。
54
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ