イメージ 1
青森県十和田市相坂箕輪平。
イメージ 2
移住記念碑(昭和24年12月10日建立)。
イメージ 3
社殿。当神社の由緒等については調べておりません。
イメージ 4
蟇股。
イメージ 5
木鼻。
イメージ 6
イメージ 7
拝殿向拝神額。「豊受稲荷五社大明神」(昭和54年9月30日)とあります。
イメージ 8
ちなみに豊受稲荷本宮のHPには次のようにあります。稲荷五社大明神という場合は明らかに神様が五つに数えられています。これは普遍的に照り輝く御霊の御光とは異なる角度から眺めた場合の名称です。様々な光の波動を別個に扱おうとするときにこの名称があらわれます。五つには限らないため、何が五社なのか、一つ一つあげて行くと昔から一定しないのです。伏見稲荷大社では、宇迦之御魂大神、佐田彦大神(猿田彦大神)、大宮能売大神、田中大神、四之大神を稲荷五社大神としています。ところが当宮が宗教法人設立に際し、当局に届け出たところでは、稲蒼魂命、大己貴命、大田命、大宮姫命、保食命の五社を、五社大明神と呼んでおります。稲蒼魂命は日本書紀の神、宇迦之御魂大神は古事記の呼び名、保食命は佐田彦大神、大宮姫命は大宮能売大神、大己貴命が田中大神、大田命が四之大神と考えられなくもない。他に稲荷五社に組み入れられる神としては須佐之男命もあります。
イメージ 9
拝殿内。
イメージ 10
喜多美町集会所に隣接。
イメージ 11
イメージ 3
イメージ 2