イメージ 1
十和田市深持如来堂。
イメージ 2
手水舎。
イメージ 3
石灯篭一対。
イメージ 4
イメージ 5
紀年銘は明治27年旧7月10日。うん?明治25年…22年?かも
イメージ 6
イメージ 7
社殿前に川。
イメージ 8
用水路みたいな感じですが小増沢の支流かな。
イメージ 9
深持のイチョウ(如来堂のイチョウ)。幹周約8.8m・樹高約22m。
イメージ 10
橋を渡ります。
イメージ 11
社殿。
イメージ 12
周囲は巨木・緑に囲まれております。
イメージ 13
向かって右が御蒼然神社、左が如来観音神社。
イメージ 14
建物は一緒ですが、入口もきちんと左右に分かれていました。
イメージ 15
御蒼前神社。
イメージ 16
石製の馬がおります。棟札には『御蒼前神社 昭和貳卯年旧正月十六日 本社建替人中澤藤松 建替大工中澤辰之助 仝長畑子之』『御蒼前大神 本社建替人中沢ハル 建替大工石井利未 平成十五年八月十日』とあります。
イメージ 17
如来観音神社。
イメージ 18
小さな鳥居があります。棟札には『奉如来堂観音也 大正拾年旧七月拾日 神主中沢松七 大工上北郡大深内村字洞内豊良村 本社寄附ス 中野仁藏 大正拾酉年旧七月拾日』『如来観音 本社建替人中沢ハル 建替大工石井利未 平成十五年八月十日』とあります。
イメージ 19
如来観音像が2体。中央の如来観音像は頭と腕が失われており、頭は後に修繕された感じです。
イメージ 20
もう1体の如来観音像は頭が破損しております。廃仏毀釈の痕跡かも知れませんね。
イメージ 21
更に隣りには独鈷石のような金精様のような石棒。
イメージ 22
境内に石祠がありました。
イメージ 23
紀年銘等は…頑張れば読めそう…頑張りません。
イメージ 24
イメージ 25
石祠内の棟札には『奉納薬師大神 昭和60年11月10日 十和田市高清水 中沢善之助』とあります。
イメージ 26
イメージ 3
イメージ 2