イメージ 4
秋田県仙北市西木町桧木内。
イメージ 5
辰子の鏡石は御座石神社の背後にある高鉢山の中腹にあり、現在でも信仰の対象となっている奇岩です。
イメージ 6
御座石神社の横に鏡石入口の看板があり、そこから遊歩道を歩いて行きます。
イメージ 7
高鉢山中腹の願橋。
イメージ 8
辰子の鏡石から流れる鏡石沢にかかる橋で、この橋を渡る時に心の中で願い事をとなえると、その思いが叶えられると言われています。
イメージ 9
『願い橋に願いごとをご自由にお書き下さい。そして、たつこの鏡石に一心に念ずれば、あなたの願いごとがきっとかなえられることと思います。』
イメージ 10
願橋を渡って…
イメージ 11
更に道は続きます。
イメージ 12
案内板には『御座石神社の背後から約300m程の所にある「辰子の鏡石」まで続く山道は、距離は短いながらも険しい道です。』とありましたが、道はきちんと整備されているので結構余裕です。
イメージ 13
鏡石…を見るための場所。
イメージ 14
展望デッキのようになっており、その柵にはこのように小銭がたくさん挟まれていました。
イメージ 15
結構びっしり。案内板には特に何も書いていませんでしたが、ここに御賽銭として小銭は挟み、鏡石を拝礼すればいいのでしょうね。
イメージ 16
鏡石。
イメージ 17
鏡石…『辰子がまだ田沢湖の主にならない頃…。親子孝行な辰子は、山菜取りなどでよくこの辺りに来た。そこには、鏡のように磨かれた不思議な石があった。鏡などない時代、辰子はこの鏡石に向って髪を結いねんごろに化粧をした。と伝えられています。秋田県仙北市・西木観光協会』
イメージ 18
不思議な形をしていますね。露出した大きな岩の中央に、表面が平らな75cm位の六角形の石がはめ込まれた形になっています。
イメージ 19
注連縄もありますが、通常は展望デッキから眺めるだけで近寄ることはできません。
イメージ 20
鏡岩がある高鉢山は古くは山岳信仰の山であり、また、御座石神社は室町時代に熊野権現を信奉する巡錫の修験者によって開かれたものであることに関連すると思われます。
イメージ 1
さて、戻ります。
イメージ 2
願橋の脇にかなえる岩があります。鏡石を見た帰りに願橋で立ち止まり、かなえる岩を拝礼すると、なお願い事が叶えられると言われています。
イメージ 3
イメージ 3
イメージ 2