イメージ 5

イメージ 6
達者村百景。眺めることにより心が癒され、達者(健康)になれるような南部町内の優れた景観ポイント100箇所を「達者村百景」として選定しているようです。
イメージ 7
狛犬一対。
イメージ 8
イメージ 9
石灯籠一対。
イメージ 10
イメージ 11
御祭神は土祖神。
イメージ 12
狛犬一対(昭和19年)。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
石灯籠一対。
イメージ 16
イメージ 17
御神馬一対。
イメージ 18
イメージ 19
かつての平村で、枝村の若宮村には若宮八幡(若宮八幡宮は宝暦5年「常林寺門間数改書上帳」に「堂四尺四方、享徳3年建立、施主岩間□□□東□儀兵衛、別当見正坊」と見え、「国誌」には応安7年12月の勧請とあり、仁王像があります。)があり、枝村宗前村には馬神を祀る宗前(蒼前)神社がありました。
イメージ 20
この若宮堂と蒼前神社を合併して今日の神社に整えられ、昭和5年には現在地に新しく社殿を建てています。なお、上記のとおり、若宮堂は享徳3年(1454)に東氏二代目の信政が祀ったものと伝えられています。宝永7年(1710)「八戸藩勘定所日記」に、下名久井若宮堂とあり、堂を建てるときには藩から必要な用木などがつかわされました。
イメージ 21
拝殿蟇股。
イメージ 22
木鼻。
イメージ 23
イメージ 24
手鋏・海老虹梁。
イメージ 25
イメージ 26
拝殿内。
イメージ 27
拝殿前の手水石。
イメージ 28
平神社の沿革…『一、若宮八幡宮:応安7年12月28日(1374年)。三戸郡名川町大字平字若宮前55。祭神を土祖神として創建。二、蒼前神社:天正2年正月19日(1574)。三戸郡名川町大字平字相前。馬護神として創建。祭神保食大神(豊受姫命)。三、平神社:昭和4年10月15日着手。昭和5年4月5日完成(1930)。三戸郡名川町大字平字若宮前一番地。平尋常高等小学校跡地。寄付を受け若宮八幡宮と蒼前神社が合併移転。村社平神社と改称。平成7年8月18日(1995)平神社責任者佐藤政八。』
イメージ 29
幣殿・本殿。千木外削ぎ、鰹木4。
イメージ 30
平神社鳥居新築・境内土留工事記念碑。
イメージ 31
記念碑には剣や狐。
イメージ 32
そして両側には馬。
イメージ 33
イメージ 34
神楽殿。
イメージ 35
石塔群。
イメージ 36
石塔群前に石灯籠一対(天保4年7月19日)。状態は良くありません。
イメージ 37
イメージ 38
石塔は金毘羅大権現、有縁無縁三界万霊塔、南無阿弥陀佛百万遍供養等(平村念佛講中)、百万遍供養塔、三界万霊等、庚申塔、山ノ神、庚申塔など。
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
一部読み取れない石碑もありました。
イメージ 47
イメージ 48
イメージ 49
イメージ 50
凱旋紀念碑。明治37・38年、日露戦争。
イメージ 51
御神木のイチョウ。
イメージ 52
イメージ 53
仁王様鞘堂(平成11年8月19日)。
イメージ 54
狛犬一対(弘化2年7月16日)。
イメージ 55
イメージ 56
どちらも阿形に見えますね。
イメージ 57
背中に綺麗な穴があいていました。
イメージ 58
石工。
イメージ 59
石燈籠一対(天保15年3月11日)。
イメージ 60
イメージ 61
仁王様一対(文政6年4月吉日)。
イメージ 62
なかなか個性的でございます。
イメージ 1
片方は紙だらけ。
イメージ 2
参詣者が自身の体の悪い箇所を紙で撫でて、その紙を濡らした後、仁王様の同じ部位をめがけて投げつけ、紙が当たるとその箇所が良くなるという風習が昔からあり、現在も一部の地域に残っています。
イメージ 3
なお、この仁王様の作者は不詳のようです。
イメージ 4
イメージ 3
イメージ 2