イメージ 1
東京都中央区日本橋本町。BakeryPomme(日本橋に3代続く下町自家製造のパン屋)前にいるこの方が目印。
イメージ 2
太田道灌が室町中期長禄元年に江戸城を築城する際に京都伏見稲荷大神の御分霊をいただき、常盤稲荷と名づけ、同城の守護神として勧請。徳川家康公開府により、江戸城郭拡張工事により現在の常盤橋付近に移されました。その後は日本橋魚市場近くに相殿を水神大神(神田明神内に魚河岸水神社として、また築地市場内に遥拝所水神社として祀られています)として移座。
イメージ 3
イメージ 4
御祭神は倉稲魂命。
イメージ 5
社殿。
イメージ 6
常盤稲荷神社由緒…『鎮座地:東京都中央区日本橋本町1丁目8番地。祭神:倉稲魂命(稲荷大神)・相殿:罔象女神。当社は室町中期長禄元年(1457年)に太田道灌が江戸城を築城の際、京都伏見稲荷大神の御分霊をいただき、常盤稲荷と名づけ、同城の守護神として勧請された。後に、徳川家康公開府により、江戸城郭拡張工事が行われ現在の常盤橋(もともと大橋と称されていたが、当社がこの地に移ってより社名をもって常盤橋に改称された)辺りに社地が移された。宝暦(1751年-)の頃まで、社殿に掲げられていた太田道灌の額面に「名に高き蘆のなぎさの葭原に 鎮めまします常盤の神」の歌が記されていたと伝えられる。その後更に、長浜町の日本橋魚市場内に移り、市場の守護神水神大神(罔象女神)を相殿に祀り鎮座された。当時は、大市場交易神と称され盛大な水神祭が行われ、神田祭・三天王祭と共に、大江戸の名物行事でもあった。この水神大神は、明治34年に神田神社境内に遷され水神社と改称し、築地市場の守護神として祀られ今日に至っている。合祀されている末社産千代稲荷神社のご祭神は倉稲魂命・三穂津比売命ニ柱の大神が祀られている。古来より安産の守護神として厚い信仰があり参詣者が極めて多かったと伝えられる。そのお礼参りに桜の若木が奉納される習わしがあり、当時は魚市場桜花爛漫の景観であったといわれている。』
イメージ 7
こちらの古地図では「安針町」と「長濱町」の間に鎮座しているのがみてとれます。
イメージ 8
イメージ 3
イメージ 2