イメージ 2
秋田県鹿角市十和田大湯白沢。国道103号線沿い。菅江真澄は箒畑を早いうちに出発し、三宝荒神社を参拝してから白沢の村に入りました。更に上流を目指して、止り滝・中滝、途中の大滝内の滝を見ながら、目的の銚子の滝に辿り着きます。
イメージ 1
菅江真澄の道(三宝荒神の祠)…『そのむかし大檀那佐藤庄司の棟札ありしが野火にやけたり』。
イメージ 3
『文化4年(1807)9月、このところ十和田権現参詣の山口なり(十曲湖)』
イメージ 4
邦内郷村志によりますと、箒畑村には雄滝・中滝・泊滝からなる銚子滝があると記し、三宝荒神と白山社を祀り、別当と認められる修験宮本坊があることを記します。
イメージ 5
イメージ 6
御祭神は竃神・火結神・大己貴命。
イメージ 7
社殿内。
イメージ 8
「荒神社」碑(享保2年5月)。
イメージ 9
社殿のすぐ横には川が流れています。
イメージ 10
洞のある大木。
イメージ 11
イメージ 3
イメージ 2