イメージ 17
嘉瀬観音山(嘉瀬スキー場:昭和6年)です。嘉瀬駅の東約700m、標高約50mの松林の丘陵。地元では憩いと信仰の場となっております。疎開中の太宰治が地元の青年たちに招かれて、ここで発表前の「トカトントン」や「春の枯葉」「冬の花火」を朗読したという逸話を残しています。
イメージ 18
鳥居が2基ありますが、どちらを進んでも上で繋がっています。左の鳥居へ。
イメージ 19
左の鳥居を進んだ先にある山の神。
イメージ 20
イメージ 21
扁額には松川林業とありました。
イメージ 22
右の鳥居へ。
イメージ 23
山を登ります。
イメージ 24
眺望。
イメージ 25
薬師神社。かつての薬師堂です。
イメージ 26
向拝下扁額。
イメージ 27
かつての小栗崎村で、貞享4年検地水帳には薬師堂地が見えます。観音堂地とともに「堂建無之」とあり、薬師堂地は薬師長根と呼ばれる野原の中にあります。嘉瀬は四代信政公の頃から栄えました。明治40年頃に旧金木競馬の出現に伴い、嘉瀬観音は廃れたために、古川勇之助が三十三観音とお堂を建てた記録があります。
イメージ 28
狛犬一対(大正6年旧■月8日※破損して読み取れず。小栗崎村百万遍連中・発起人15名)。
イメージ 29
イメージ 30
薬師神社の真裏にも建物があります。
イメージ 31
イメージ 32
太子堂(平成16年9月19日拝殿新築)でした。
イメージ 33
太子堂本殿。
イメージ 34
嘉瀬観音公園のきぬたの小道句碑群。
イメージ 35
イメージ 36
一部紹介。
イメージ 37
『藁燃えて津軽野の秋昏れ急ぐ』篁村
イメージ 38
『花ごもり熱のこる児のつめを切る』喜美枝
イメージ 39
『菊のかおり心のかおり豊かなり』天小人
イメージ 40
『観音堂郷は夕霞薄墨絵』山灯子
イメージ 41
『石仏に触れつはなれつ夏の蝶』青炎
イメージ 42
『鳩翔びて日の出の夏を切り開く』私月
イメージ 43
『人声に人影見えず夏木立』岩田重美
イメージ 44
『松籟や並びて在す観音像』白泉
イメージ 45
『青田梅縞たてて風泳ぎゆく』一歩
イメージ 46
嘉瀬観音山には嘉瀬三十三観音巡りの道が開かれ、建立者302名によって昭和8年に三十三観音像が建立されました。
イメージ 47
イメージ 48
イメージ 49
嘉瀬三十三観音。
イメージ 50
イメージ 51
イメージ 52
イメージ 53
イメージ 54
メインの観音堂へ。
イメージ 1
イメージ 2
観音堂内。
イメージ 3
観音堂内に嘉瀬の桃(黒川桃太郎)を模したとされる桃地蔵が安置されています。※黒川桃太郎(明治19-昭和6)は嘉瀬村出身の津軽三味線奏者。津軽民謡中興の祖。
イメージ 4
七面大天女(日天先生遺筆・昭和62年9月吉日再建立)。
イメージ 5
イメージ 6
観音堂からの眺望。
イメージ 7
小祠(昭和62年8月26日)。
イメージ 8
石や木などが奉納されています。
イメージ 9
招魂堂へ。
イメージ 10
招魂堂。
イメージ 11
忠魂碑などいくつかの石碑がありました。忠魂碑はかつて嘉瀬中学校東にあったものを移したもののようです。
イメージ 12
忠魂碑(陸軍大将一戸兵衛書)。
イメージ 13
殉難警察官吏之碑(大正13年9月5日建立)。
イメージ 14
在郷軍人會の碑(大正9年5月)。
イメージ 15
有志人名碑。
イメージ 16
イメージ 3
イメージ 2