イメージ 13
社号標裏面紀年銘(平成27年9月15日・願主氣田憲二)。
イメージ 14
二十三夜塔と三社託宣の碑。
イメージ 15
石灯籠一対(大正11年9月15日)。
イメージ 16
イメージ 17
参道と鳥居。
イメージ 18
石灯籠一対(昭和12年3月5日)。
イメージ 19
イメージ 20
切田八幡神社(境内案内板より)…『十和田市大字切田鎮座。御祭神:誉田別命(應神天皇)。例祭:9月15日。由緒:建久2年に南部光行公奥州下向に際し八幡宮を勧請諸所の崇拝を経て此地に鎮座せりと傳承する。後伊豆伊東氏の一族伊勢親安なる者由縁ありて切田上館に住し地名を冠して切田氏と改め別に氣田氏とも稱せしが彈正の時に至りて南部第13代守行公に随従武功高く切田中館に居住大に神社を恢弘する。神樂もささやかながら創建當時のものといわれる。切田神樂が年代の久しき時に盛衰あり一時大に衰退の兆あり天保年間南部小鳥谷の舞太夫松之助なるものを招き滞留数ヶ年殆ど切田の村民と斉しき生活を營みつつ神樂を傳うること実に七十五番各曲目の拍子舞様其の他悉く切田の村民に授けたり。昭和31年5月14日 南部切田神樂 五曲番 五方權現舞 三番叟 鳥舞 山神舞 女舞機織 県技芸の指定即ち青森県無形文化財第一号の指定を受ける。』
イメージ 21
慶応3年(1867)切田大火の際に八幡宮別当良善院宅類焼の厄に遭い、由緒縁起等一切の文献記録を焼失。昭和35年社殿建築。なお、神社の近くには切田館跡(上館遺跡・「鬼弾正」「鬼気田」の異名をとる気田弾正の居館跡)が残されています。
イメージ 22
イメージ 23
三頭木。
イメージ 24
石灯籠一対(平成3年9月15日)。
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
狛犬一対(明治39年8月15日)。
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
石灯籠一対(大正6年9月15日)。
イメージ 32
見返り狛犬(昭和4年旧10月15日)。
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
狛犬一対(昭和60年9月15日)。
イメージ 38
イメージ 39
末社の不動尊。
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
末社。
イメージ 43
イメージ 44
社名は…う~ん…見えず。かつてはたくさんの末社(高おかみ神を祀る滝神社、弥都波能売神を祀る大池神社など28社)があったようで、十和田市史か何かにすべて載っていたと思います。また、末社として1つは不動明王、1つは明神と書かれていた気がします。
イメージ 45
手水石。
イメージ 46
末社の八幡宮。
イメージ 47
イメージ 48
末社八幡宮の両脇にあった石塔。状態はいいのですが立て掛けてあるため読めず。「享和二戌歳」「奉納八幡宮願主氣田親藏」「八月吉日別当良善院」などの文字が見えました。
イメージ 49
イメージ 50
イメージ 51
手水石。
イメージ 52
お待たせしました。
イメージ 53
切田八幡神社!
イメージ 1
かっこいいよね。屋上に櫓状の祠(2間4面)を設けており、主神がここから領内を見守り、加護を垂れるための場所とされています。
イメージ 2
イメージ 3
向拝。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
拝殿内。
イメージ 7
イメージ 8
本殿。
イメージ 9
イメージ 10
本殿脇障子。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 3
イメージ 2