イメージ 21
羽田大鳥居と言った方がわかりやすいかも知れません。
イメージ 20
立派な明神鳥居です。
イメージ 19
額束には「平和」とあります。
イメージ 18
『この大鳥居は、穴守稲荷神社がまだ羽田穴守町にあった昭和初期に、その参道に寄付により建立されたと伝えられています。その後、終戦とともに進駐した米軍により、羽田穴守町、羽田鈴木町、羽田江戸見町の地域一帯に居住していた人々は強制退去され、建物は全て取り壊されました。しかしながら、この大鳥居だけは取り壊しを免れて羽田の地に残され、往時を物語る唯一の建造物となりました。米軍から、施設が日本に返還された昭和27年7月、東京国際空港として再出発した後も、この大鳥居は旅客ターミナルビル前面の駐車場の一隅に残され、羽田空港の大鳥居として航空旅客や空港に働く人々に親しまれました。また、歳月を重ね風雪に耐えた大鳥居は、進駐軍に強制退去された元住民の方々の「心のふるさと」として往時を偲ぶ象徴なりました。昭和59年に着手された東京国際空港沖合展開事業により、滑走路や旅客ターミナルビル等の空港施設が沖合地区に移設され、大鳥居も新B滑走路の整備の障害となることから、撤去を余儀なくされることとなりました。しかしながら、元住民だった多くの方々から大鳥居を残してほしいとの声が日増しに強まり、平成11年2月、国と空港関係企業の協力の下で、この地に移設されたものです。ここに関係各位に謝意を表するとともに、この大鳥居が地域と空港の共生のシンボルとして末永く親しまれることを念願する次第です。』
イメージ 17
氏神・鈴木弥五右衛門(奉納記念碑)…『偉業の大地の由来と歴史(文化12年)1815年。江戸時代に猟師町の名主鈴木弥五右衛門が羽田村名主石井四郎右衛門に折衝し譲り受け羽田漁師町請負新田として幕府に願い出て干拓の許可を得たものです。浅瀬の要島を中心として新田開発が始められ羽田鈴木町、羽田穴守町、羽田江戸見町の三つの町が生まれました。昭和20年9月21日強制立ち退きを命じられた3千人の銘々を記す。強制立ち退きで住む町を追いやられた。弁天橋を渡る母子の銅像。』
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
銅像…キョロ(・.・ )( ・.・) キョロ
イメージ 13
辨天橋。
イメージ 12
大鳥居前の海老取川に架かっています。
イメージ 11
明治時代の海老取川は歩いて渡れるほどの浅瀬で、その名の通りエビを獲った場所であることに由来します。ちなみに現在の海老取川の下には羽田トンネル(鉄道)が通っています。
イメージ 10
この辨天橋がなかなか面白かったです。
イメージ 9
橋を渡るだけで海苔作りの行程を勉強することができます。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
辨天橋を渡った先にあった建物。
イメージ 4
妙力地蔵尊とありました。
イメージ 3
堂内。
イメージ 2
個性的かつ立派なものでした。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2