イメージ 3
高屋字福田の集落にある曹洞宗和光山吉祥寺。初め賀田村に開庵され、昭和23年に山号を得るまでは吉祥庵と称していました。文禄3年(1594)津軽氏の堀越進出に伴って廃庵となるも、天保3年(1832)に高屋村(坪貝村福田。国誌によりますと坪貝村は賀田村に続いていて一村のように見えると記されます。)に再建。
イメージ 4
本尊の阿弥陀如来像は室町期の作(恵心僧都の作)といわれ県重宝に指定。本尊は元新法師村の太田家で祀られていたという伝承があります。現在弘前市立博物館に保管されています。よって当寺に来ても拝観することはできません。弘前市のHPで写真を見ることができますよ。
イメージ 5
壊れた案内板がありました。ギリギリ読めそうです。
イメージ 6
『阿弥陀如来像。鎌倉末期の90糎の木像恵心僧都の伝えあり。昭和37年(1962年)に県指定文化財となる。治承年間に延暦寺座主明雲の弟子蓮印が新法師に安置したといわれる。吉祥寺』
イメージ 7
吉祥庵再建記念碑。
イメージ 8
裏面に紀年銘(昭和9年5月)と発起人名。
イメージ 9
イメージ 10
地蔵尊。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
石碑が3基。
イメージ 14
南無阿弥陀佛(嘉永2年5月15日)。
イメージ 15
餓死供養塔(南無阿弥陀佛・天明3、4卯辰年3月24日)。
イメージ 16
こちらは…読み取りにくかった。
イメージ 2
「文化7年(1810)」「當庵■々」などの文字。紀年銘は明治かな。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2