イメージ 3
鶴岡八幡宮の西にひっそりと鎮座。創建不詳。御祭神は倉稲魂命。シンプルな神社ですが次のような伝説が残されています。
イメージ 2
「太平記」にも登場する京都仁和寺の僧侶である志一上人が、訴訟のため筑紫の国から鎌倉に来ましたが、証拠文を筑紫に忘れてしまい、そこで日頃から志一に仕えていた狐に一夜で鎌倉まで届けさせて無事に訴訟に勝ちましたが、走り続けた狐は息途絶えてしまったことから、その狐の霊を祀ったのが鶯ヶ谷に鎮座する当神社。その後も関東一円の人々が深く帰依。この小祠を解体もしくは他の場所へ移そうとすると、それに関わる者は原因不明の病に苦しむとも伝えます。なお「風土記稿」には鶴岡供僧浄国院持ちと記されています。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2