イメージ 1
目鹿沢村枝村の沖萢村に位置します。天和4年の村絵図では沖村とあり、また元禄2年頃には沖之萢とあります。内見秘書では天保年間に沖萢村とあります。この地区は津軽氏の重臣兼平中書の所領とされていたため、兼平姓が多いです。
イメージ 2
沖萢村西端の墓地付近に九頭竜権現(水神様・産土神、無格社)があります。由緒は不詳ですが、元々この一帯が萢であったために開墾に苦心して祀ったものと伝えられています。『水神竜神 十和田信仰』(小館衷三)によりますと、「沖萢の産土神は九頭竜権現で、赤茶の稲荷社の相殿に闇おかみ神が祀られ、昔、小池があったという。」とあります。
イメージ 3
イメージ 4
現在は池が無く、社殿も比較的新しいもののようでした。
イメージ 5
イメージ 3
イメージ 2