イメージ 1
とても狭い境内地で、車だと見逃してしまいそうな感じです。
イメージ 2
イメージ 3
貞享4年検地水帳によりますと村抱えの稲荷社地12歩がみえますが、明治初年に廃されています。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
字亀井の稲荷宮は豪農今井家の内神で、明治年間になり村の産土神となりました。
イメージ 7
社号標に刻まれる社掌・発起人にも今井家の名が残っています。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 3
イメージ 2