イメージ 1
御祭神は伊弉諾神。御本尊は千手観世音菩薩。
イメージ 2
津軽三十三観音霊場第2番札所。津軽子年の一代様。
イメージ 3
イメージ 4
参道入口付近にある清水観音水。
イメージ 5
昭和62年度に県の名水に指定。
イメージ 6
二の鳥居。
イメージ 7
二の鳥居横に清水地蔵尊。
イメージ 8
イメージ 9
その隣には社務所。
イメージ 10
入口からはずっと上り坂です。
イメージ 11
イメージ 12
遥拝殿。
イメージ 13
イメージ 14
参道には記念碑等があります。
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
また参道脇には勢いよく水が流れており、登り坂ながらも清々しい気持ちになれます。
イメージ 18
多賀神社の創建は、大同2年(807)坂上田村麿の創建、又は天平3年(731)行基菩薩がこの地を訪れて千手観音像を刻み、大高森山の岩窟へ安置したという2説があります。
イメージ 19
イメージ 20
岩窟に祀られていたことから「岩谷観音」、清水が湧き出ていた事から「清水観音」、近くの老松に牡丹のような白い花が咲いたことから「花咲松の観音様」などと呼ばれてきました。
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
急な石段。
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
「享保8年(1723)4月7日 武運長久願成就の処 舘山善左衛門建淳」とある石灯籠一基があるそうですがこれのことでしょうか。よくわかりませんでした。
イメージ 27
参道の両側に安置している石造狛犬は弘前市内にある弘前八幡宮及び熊野奥照神社のものと石質、大きさ、形状共に酷似。左前足に「寛文四年卯月吉日」という同一の年紀が刻まれています。
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
越前・越後方面から北前船によって運ばれたものと考えられています。弘前市指定有形文化財。
イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
多賀神社石造狛犬…『慶長15年(1610)当地の給主桜庭信光は亡父信正の為に桜庭山陽光院を開山したが津軽藩2代藩主信牧公の命によって現在の弘前市西茂森に移安させられた。やがて万治元年4代信政公が観音像を旧地に祀り同3年(1660)京都清水の舞台を模して高楼を建立した。以後当所は通称「清水の観音」として津軽一円から深く崇敬されてきたが、明治3年(1870)の神社仕分により多賀神社と改称され今日に至っている。狛犬とは仏教伝来と共に日本に伝えられた獅子の一種で通常口を開けた阿(雌)と口を固く閉ざした吽(雄)の一対が配される。当社の狛犬は同じく市指定文化財の弘前八幡宮及び熊野奥照神社の石造狛犬と年紀も石質も形態も同一で、刻まれている字の書体まで酷似しているもので当時の文化圏を考察する上で誠に貴重なものである。』
イメージ 36
何か…凄い木。
イメージ 37
狛犬の場所から少し歩いて次の石段に差し掛かるところにある一対の石灯籠は享保3年5月17日を刻んでおり、観音堂再興を記念して寄進されたものとわかります。
イメージ 38
寄進者名は「米沢専四郎、三浦清左衛門、佐藤仁兵衛、中畑村太兵衛、同惣兵衛、同三右衛門、同三太郎、田沢小右衛門、佐藤弥七郎、田代村九兵衛、田代村才次郎、同長十郎、勘右衛門、三上長四郎、三上惣左衛門、竹内久左衛門、国吉村三九郎、斉藤大和、佐吉」
イメージ 39
さて、貞享4年検地水帳には、右近太夫抱えの観音堂(清水観音堂)があり、これは多賀神社を指します。
イメージ 40
イメージ 41
江戸時代になると歴代藩主から庇護され、初代津軽為信が社殿を再建、2代信牧は大鳥居、3代信義が石段を寄進、4代信政は万治3年(1660)に高森山から現在地に遷座させ懸造りの社殿(京都清水の舞台を模して建立)を建立、社領4石3斗3升7合を安堵したとされます(諸説あり)。
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 78
元禄3年(1690)4月下旬の台風によって破損し、翌年3月に城の北の丸舘神社と同時に修復に取り掛かり5月に終了。正徳4年(1714)から享保2年(1717)にかけてに清水観音堂の斉藤大和がお堂の再興を再三願い出て、家老津軽内膳(※宝永2年に母と清水観音へ参詣している。)により承諾。
イメージ 44
イメージ 45
明治初年には同村の八幡宮、田代村の熊野宮、杉ノ沢村・中畑村・国吉村から遷した稲荷神、中野村から遷した船寄神、米ヶ袋村から遷した山神、黒土村から遷した少彦名神、吉川村から遷した三日月神が祀られていました。
イメージ 46
明治3年に神仏分離令により仏式が廃され(本尊の千手観音像は弘前市の陽光院へ移遷)多賀神社に改称されましたが、廃仏希釈の気運が収まると、津軽三十三霊場2番札所・子年一代の守護神として信仰されています。
イメージ 47
また、本尊を失った高森山の霊場も番外目屋岩谷観音堂として厚く信仰されています。
イメージ 48
イメージ 49
清水龍神大神。
イメージ 50
イメージ 51
イメージ 52
イメージ 53
イメージ 54
本殿裏手から湧き出ている清水観音水。上記掲載の平尾魯仙『暗門山水観』の図にも清水が描かれているのがわかります。
イメージ 55
この岩が神様の目に見えると教えて頂きましたが私にはわかりませんでした。ぐわ。
イメージ 56
イメージ 57
わが庵をはるばるここに清水の流れに浮かぶ法の月影…
イメージ 58
菅江真澄が『田代、番館、中畑、米が袋を経て、桜庭というところの山際に、大同年間にたてたという楼のようにたいそう高い清水の観世音の堂があった。これは花咲松の山から再びうつしたものだという。たくさんの杉木立、その木々にふりかかっている雪のなかから、欄干が高く、つとあらわれているのを目標として山ぎわの村に行き、いくつかの坂をのぼって、みたらしが凍りついている岩のしたたりで手を洗い、口をそそいで、小橋をわたり、うしろ側からこの堂にはいった。軒は杉の梢にひとしく、たいそう高い。春は霞む木の間に桜が見え隠れして咲きまじっている景色がまたとなくおもしろく、さくらばの村の名にふさわしいところというが、いまはふりしきる白雪にかくれて、遠近のさかいもわからない。やがて堂からおりて坂をくだると、清水を汲んでいた老人が「西福寺という寺のあった古跡はあそこです」と言い、この仏につかえまつっている斎藤某という人の家に、この老人は水を荷なってはいっていった。』、『乃計羅川の橋をわたったあたりを黒土という。井堰(畦(あぜ)のみぞ)の水が増して、いちめんに路にあふれていた。井堰をつたって清水(観音堂)に詣で、高楼にのぼり、欄干に寄って遠く望んだが、木々の枝葉がさしおおっていて眺められなかった。』と記しています。ここに出てくる西福寺の古跡についてはよくわからず、現在新寺町に西福寺がありますが、この西福寺は堀越村が移ってきたものとされており、その関連性は見えません。なお、東目屋小学校付近では古い墓石が出土したことがあり、地元ではこの付近を寺跡と伝承しているそうです。斎藤某は多賀神社を管理している斎藤家と考えられます。
イメージ 59
度々紹介している青森伝説という本。こちらには次のように記しています。
「東目屋の桜庭の清水の観音堂(多賀神社)は懸崖造りのお堂で、坂上田村麻呂建立といわれる。別説には西目屋村の村市の奥に高森というところがあり、高僧行基が回国のおり、ここで千手観音を刻んで安置したのが始まりだという。高森のお堂のそばに松の木があり、これに白い花が咲いた。行基は千手観音の功徳によるものとして、花咲き松の観音と名付けたといわれる。桜庭の先、中野部落の田んぼの中に、坂上田村麻呂の霊を祭ったという塚があり、その下から冷たい清水湧いていた。昔、村人がその塚のそばに茂っている杉の切り株の根元にまだわずかばかりの湧水がある(盲清水)。」
イメージ 60
イメージ 61
下に見えるもう一つの建物に向かってみます。
イメージ 62
イメージ 63
忠魂碑。
イメージ 64
中央には何かが祀られています。
イメージ 65
周囲にはたくさんの絵馬が奉納されており、どちらかといえば絵馬殿もしくは宝物殿といった感じ。
イメージ 66
イメージ 67
イメージ 68
イメージ 69
貴重な絵馬をじっくりと拝見することができていいですね。
イメージ 70
イメージ 71
イメージ 72
イメージ 73
イメージ 74
イメージ 75
イメージ 76
イメージ 77
イメージ 3
イメージ 2