イメージ 1
御祭神は宇賀能御魂命(倉稲魂命)。
イメージ 2
享和3年寺社領分限帳、安政2年神社書上帳によりますと慶安4年(1651)建立の稲荷宮。
イメージ 3
元は青森刑務所の裏にあった高野村に創立したもので、当時は稲荷堂と呼ばれており、慶安4年(1651)に、火難消除・五穀成就のために建立したものと伝えます。昔、この地方を襲った大凶作により高野村は廃村となりましたが、同神社は荒川に来てから3度も移転した上で現在地に鎮座。
イメージ 4
以下、青森県神社庁より。
イメージ 5
慶安4年、村内品川に村中の願いにより、火難消除、五穀豊穣のために建立されました。
イメージ 6
イメージ 7
貞享4年の検地帳には六間に三間の稲荷社地と記されています。
イメージ 8
安政2年の神社微細社司由緒調書上帳には社地五間に六間とあります。
イメージ 9
こちらには馬頭観音と賞味期限が11年6月14日までのRITZ。
イメージ 10
イメージ 11
中身が気になります(笑)
イメージ 12
末社。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
猿田彦大神・月讀尊。紀年銘明治23年。
イメージ 16
イメージ 17
八咫烏…じゃなく普通の烏。
イメージ 18
イメージ 3
イメージ 2