イメージ 1

イメージ 2
弘前の駅前。住所は駅前1~3丁目。元は和徳の一部になります。
イメージ 3
明治27年に奥羽北線の弘前駅が開設されて以後、代官町や北瓦ヶ町などから駅までの道が作られて発展しました。
イメージ 4
イメージ 5
2~3丁目の境界となっている通称駅前通り(主要地方道弘前停車場線)に沿って各種商店や旅館等が並び、明治38年には第八師団の将兵を歓迎する凱旋門等もつくられたことがあるそうです。
イメージ 6
あっ、駅前でババヘラ!
イメージ 7
弘前駅は明治27年(1894)12月1日、和徳村に開業。
イメージ 8
昭和2年、弘前~津軽尾上間に弘南鉄道が開通。
イメージ 9
昭和51年(1976)にイトーヨーカドーが3丁目に進出すると、アーケードも建設されて急激に変貌しました。アーケードだった頃がとても懐かしいですね。
イメージ 10
こちらは弘前宝塚劇場の名残りとでも言えましょう。入口は裏側だったような…違ってたらすいません。
イメージ 11
イメージ 12
駅の真正面の日活。
イメージ 13
イメージ 14
2丁目にはかつて病院、ホテル、旅館、民宿、塾などが立ち並んでいました。最近まで昔の雰囲気を残していましたが少しずつ取り壊されています。
イメージ 15
駅前町は元和徳の一部。弘前駅正面の町。昭和41年。
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
旅館、映画館、タクシー営業所、土産物屋、書店、市場(虹のマート)、リンゴ屋などが立ち並びました。
イメージ 20
イメージ 21
表町もまた元和徳の一部。弘前駅の住所は弘前市表町1-1です。
イメージ 22
イメージ 23
昭和57年に弘前駅改築。駅ビルとしてアプリーズが開店しています。
イメージ 24
昭和58年には駅南側から東の城東中央1丁目へ通じる地下道が開通。
イメージ 25
平成14年(2002)、東北の駅百選に選定。
イメージ 26
橋上駅舎を有し、改札口は2階部分。駅の東西を結ぶ自由通路「あずましろ~ど」に面しています。発車メロディーは津軽じょんがら節。
イメージ 27
ヨーカドーが工事中です。個人的には未だに昔のヨーカドーの方が馴染み深いです。
イメージ 28
ヒロロオープン!!
イメージ 29
遅っ(笑)
イメージ 30
しかも写真はオープン前w
イメージ 31
オープンした頃に記事にしようと考えたのですが、どうにも話題性に乏しくて記事にできず…写真だけが残っていました。
イメージ 32
イメージ 3
イメージ 2