イメージ 25
太宰も訪れた名勝観瀾山。江戸末期には蟹田台場が設置されていた跡地です(文化8年)。
イメージ 26
イメージ 27
稲荷神社の鳥居を潜って海沿いの山を登っていきます。
イメージ 28
ヘビに注意です。
イメージ 29
展望もさることながら、様々な碑が訪れた者を楽しませてくれます。
イメージ 30
イメージ 31
太宰治文学碑。
イメージ 32
イメージ 33
『郷土が生んだ作家、太宰治の文学碑は、小説「津軽」に登場する友人Nさんこと、故中村貞次郎氏の尽力により、昭和31年8月6建立された。太宰未亡人の美和子さん、長女園子さん、作家の井伏鱒二、檀一雄、伊馬春部、小山清、北畠八穂ら多数が参列して除幕式が行われた。碑文の「かれは人を喜ばせるのが何よりも好きであった!」は太宰の作品「正義と微笑」から井伏鱒二氏が選び、佐藤春夫氏が筆をとったものである。』
イメージ 34
久邇宮邦久殿下お手植の松。
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
『その昔、この丘陵は舘鼻山、鷲尾山などと呼ばれていたが、大正12年7月26日、久邇宮邦久殿下が、この山に台臨された際、その風光の美しさに「観瀾山」の山名を賜った。その折の記念としてお手植されたのがこの黒松である。』
イメージ 38
『のんでのんで のんで男は風になる』北野岸柳
イメージ 39
タイ国ハワイ総領事スナオ・ミヤバラ夫妻来町記念植樹。
イメージ 40
駐日フィリピン大使カルロス・J・バルデス夫妻来町記念植樹。
イメージ 24
『夜があけて鴉だんだん黒くなり』川上三太郎
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
『旅鴉心を空の色にする』杉野十佐一
イメージ 19
イメージ 20
『ハンセン病もどらぬ川と積木たち』杉野草兵
イメージ 18
忠魂碑。
イメージ 17
第1回風のまち川柳大賞『口笛がやがて大きな風となる』高橋真紀
イメージ 15
イメージ 16
第2回風のまち川柳大賞『寂しくて風もときどき樹をゆする』盛合秋水
イメージ 13
イメージ 14
第3回風のまち川柳大賞『ふるさとに待たせたままの風がある』原田都子
イメージ 11
イメージ 12
第4回風のまち川柳大賞『大声のかあちゃんがいる風の町』蔦作太郎
イメージ 9
イメージ 10
第5回風のまち川柳大賞『茄子の馬風がふわりと来て座る』藤沢三春
イメージ 7
イメージ 8
第6回風のまち川柳大賞『働いてくれる鉢巻した風だ』西山金悦
イメージ 5
イメージ 6
展望台。
イメージ 4
トイレもあります。
イメージ 2
イメージ 3
今はトイレマークも色々なものがありますよね。
イメージ 1
ブログ村ランキング参加中