イメージ 1
「本所に過ぎたるものが二つあり津軽大名炭屋塩原」としても知られる津軽藩上屋敷跡。近くには中・下屋敷もありました。
イメージ 3
その屋敷神として祀られていた稲荷宮。
イメージ 4
イメージ 5
御祭神は宇賀御魂神。
イメージ 6
『津軽稲荷神社は青森県弘前城主津軽四郎為信十万石の下屋敷にて一万坪は明治43年の大水害と共に拂下られ太平町一丁目町会の所有となる。昭和7年町名変更の際錦糸一丁目町会の守護神となり祭神は伏見稲荷神社の分神にて町民の信仰厚く大正12年関東大震災及昭和20年戦災の為焼失、昭和35年拝殿及社務所会館再建落成致しました。又辨財天は江之島辨財天の分身で鳥居は明治100年を記念して昭和44年再建されました。町民一同之信仰の的とされて居ります。尚津軽華子様常陸宮様との御結婚之際、当町より津軽家に御祝品贈り、御礼として礼状及記念品を頂戴致しましたので神社内に保存してあります。昭和58年 明和会』
なお、「年報市史ひろさき9」に詳細が書かれています。
イメージ 7
手水舎。
イメージ 8
稲荷玉(宝珠)。
イメージ 9
お狐様。
イメージ 10
踏みつけてる(( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
イメージ 11
近年となり弘前市とも交流があり、1999年には錦糸一丁目町会の役員が弘前市を訪問し、本家筋とされる和徳稲荷神社へ参拝しました。初午祭の際には青森県産のりんごなどが配布されているそうです。献奏では津軽三味線の音が境内に響きます。
イメージ 12
イメージ 13
境内にある8本のヤエベニシダレは弘前の桜でも行われているリンゴの剪定技術を取り入れた管理をしています。
イメージ 14
目の前を走る道路にはかつて南割下水と呼ばれる堀割が流れており、本所七不思議の「置行堀(おいてけ堀)」推定の地の一つとされています。
イメージ 2
イメージ 15
拝殿。
イメージ 16
イメージ 17
屋根にもお狐様が。
イメージ 18
拝殿内。
イメージ 19
辨財天へ。
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
小さいけど立派な造りですね。
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
社務所。
イメージ 27
布袋様と唐子。
イメージ 28
えぇ~…埴輪?(笑)
イメージ 29
ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪