イメージ 1
御祭神は土師真中知命、檜前浜成命、檜前竹成命。相殿は徳川家康、大国主命。
イメージ 2
旧称は三社権現・三社明神社といい、現在でも三社様として広く親しまれています。
イメージ 3
イメージ 4
『推古天皇の36年3月18日。漁師の桧前浜成・竹成兄弟が隅田川で漁労に精を出していましたが、一匹の漁もなく網にかかるのはただ人型の像だけでした。幾たびか像を水中に投げ捨て、場所を変えて網を打ってもかかるのはやはり人型の像だけでした。兄弟も不思議に思い、その尊像を捧持して今の駒形から上陸し、槐の切り株に安置しました。土師真中知にこの日の出来事を語り一見を請うたところ、土師氏はこれぞ聖観世音菩薩の尊像にして自らも帰依の念心仏体であることを兄弟に告げ、諄々と功徳、おはたらきにつき説明しました。兄弟は初めて聞く観音の現世利益仏であることを知り、信心をもよおされた二人は深く観音を念じ名号を唱え、「我らは漁師なれば漁労なくしてはその日の生活にも困る者ゆえ明日はよろしく大漁を得させしめ給え」と厚く祈念。翌日に再び網を浦々に打てば願いのごとく大漁を得ることができました。土師真中知は間もなく僧となり、自宅を改めて寺となし、観音像を奉安して供養護持のかたわら郷民の教化に生涯を捧げました。これが浅草寺の起源。土師真中知の没した後、間もなくその嫡子が観世音の夢告を受け、三社権現と称し御祭神の3人を神として祀ったのが三社権現社の始まり。以上によりますと、創建は1350年程の昔となりますが、これは少々無理があり、平安の末期から鎌倉にかけて権現思想が流行しだした以後、三氏の末裔が崇祖のあまり浅草発展の功労に寄与した郷土神として祀ったものと推定されます。奇しくも明治維新の神仏分離令により浅草寺との袂を分かち、明治元年に三社明神社と改められ、同6年に現在の名称に至ります。』
イメージ 5
社殿には鳳凰・麒麟・飛龍などの霊獣が描かれていて大変美しいです。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
狛犬。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
境内の片隅にひっそりといた狛犬。
イメージ 13
かわゆす。
イメージ 14
屋根の上にも狛犬。
イメージ 15
イメージ 16
神楽殿。
イメージ 17
神輿庫。
イメージ 18
花塚。
イメージ 19
文化元年(1804)建立。
イメージ 20
江戸・東京の農業「檜前の馬牧」について。
イメージ 21
初代中村吉右衛門句碑。
イメージ 22
イメージ 23
「女房も同じ氏子や除夜詣」。
イメージ 24
花柳壽輔の句碑。
イメージ 25
「雷は田町をよけて鳴りわたる」。
イメージ 26
古扇納め箱について。
イメージ 27
扇塚。
イメージ 28
百度石。
イメージ 29
友情はいつも宝物碑。
『1976年に、「週刊少年ジャンプ」で連載を開始して以来、多くの人々に愛されてきた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。物語の舞台となるここ浅草は主人公である両津勘吉を育み、また多くの感動を生み出してきました。この碑は、両津勘吉の少年時代の友情を描いた「浅草物語」にちなみ、人を思いやる気持ちの大切さ、そして子供たちが夢や遊び心を忘れず健全に成長してくれるよう願いを込めて建てられました。』
イメージ 30
『ある日、浅草で一緒に遊んだ同級生が偶然再会。かつての悪ガキ両津勘吉は警察官に、かつての優等生は、逃亡犯になっていました。両津は、子供の頃にここ浅草神社(三社様)の神木、槐(えんじゅ)の木の下に一緒に埋めたベーゴマの話を持ち出して二人の友情を確かめ合いました。そして、逃亡犯は自首することになったのです。』
イメージ 31
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」石碑建立記念タイムカプセル埋蔵の碑(2015年8月6日開封予定)。
イメージ 32
神木『槐』。
イメージ 33
神木『槐』の木の由来。
イメージ 34
市川猿翁の句碑。
イメージ 35
イメージ 36
粧太夫歌碑。
イメージ 37
久保田万太郎句碑。
イメージ 38
イメージ 39
「竹馬やいろはにほへとちりぢりに」。
イメージ 40
川口松太郎句碑。
イメージ 41
「生きるということはむずかしき夜寒かな」。
イメージ 42
その他、河竹黙阿弥顕彰碑など多数の石碑等があります。ちなみに下の写真は読めなかった石碑(社殿横の石碑)。
イメージ 43
※社殿裏の石碑等は「金龍山浅草寺~其之肆」の記事に一部掲載しております。
イメージ 44
イメージ 45
ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪