イメージ 28
七戸神明宮です。
イメージ 3
御祭神は大ひるめ貴尊。
イメージ 4
七戸郷土誌によりますと、「応永3年(1396)丙子三月五日新町に勧請」「盛田喜右衛門が社地を寄進し南町へ奉遷」「浦田官蔵の社地寄進により更に遷宮」「明治14年9月22日人民寄付地に移転方申請許可」「明治26年8月竣工 正遷宮」「明治43年8月16日神饌幣帛供進せられる」とあります。
イメージ 9
応永3年(1396年)3月5日、根城南部八世政光により七戸村字新町に創建。南部氏を始め七戸管内一円の総鎮守として広く崇敬信仰。
イメージ 21
イメージ 22
寛文4年9月に旧藩主南部行信公が南町に奉遷(南部行信公が社殿修造、神領一石と神馬奉納。新町跡地を古神明といいます)。
イメージ 29
イメージ 31
文化8年に託宣があり奉遷。明治14年9月22日奉遷(現役場付近)。明治26年に南部氏の居城である七戸城本丸跡(現在地)に遷座されて、社殿竣工、正遷宮。
イメージ 16
イメージ 19
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 30
新撰陸奥国誌によりますと七戸町神社について、神明宮の項に相殿を鹿島神であるとしています。
イメージ 14
明治6年6月柏形稲荷神、稲荷五社神、住吉神、新山神、八幡宮、事比羅神、須賀神、天満宮、蒼前神、秋葉神、坂本稲荷神、福田稲荷神、黒滝神の13座を遷し祀ったと記しています。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
藩政時代は南部氏の祈願所として尊信厚く、また七戸の総氏神様として「しんめいさま」と町民から親しまれ、世々の藩主により、社殿造営、神領、神馬等寄進されています。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 15
大祭(しちのへ秋まつり)では南部藩36代藩主利敬公が領民教育のためにつくったという「親孝行踊り」が毎年奉納伝承されています。
イメージ 13
みこし殿・合祀殿。
イメージ 20
イメージ 23
イメージ 24
神明宮境内には現在熊野宮がありました。
イメージ 26
南町・浦町・川原町・新川原の四町の管理に属するそうです。
イメージ 25
イメージ 27
金毘羅大権現を刻んだ石塔(安政5年建立・寄進者不明)。新撰陸奥国誌によりますと、支村新町にあったものを移し祀ったといいます。
イメージ 10
古神札焼納所。立派な石碑です。
イメージ 2
郷友館。旧奉安殿です。昭和20年のGHQの神道指令によって奉安殿は廃止されたために、多くの奉安殿は解体されてきましたが、郷友館という名で管理してきたことにより、現在まで残すことができた貴重な建物です。元は小学校の敷地内にあったものを戦後ここに移したそうです。
イメージ 1
ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪