弘前文化センターは弘前城方面を正面として下白銀町所在とし、一方、かつての時敏小学校は元寺町方面に正門を構えて元寺町所在としています。
イメージ 8
時敏小学校は明治7年に亀甲町の旧藩米倉を校舎として開校した亀甲小学と同10年に百石町に開校した盈進小学を統合して同19年に誕生し、同20年に現在のNHKの場所に新築されました。
イメージ 13
小学校令によって尋常小学校や高等小学校がつくられることになると、明治20年に文化センターの敷地に弘前高等小学校が開校、明治35年に蔵主町に弘前第二高等小学校が開校。
イメージ 11
時敏尋常小学校は大正3年に元寺町の旧第一高等小学校に移転し、第二高等小学校を収容して高等科と補習科を併設し、時敏尋常高等小学校となります。更に大正7年には弘前女子実習補習学校が高等科に併設。ちなみにこの弘前女子実習補習学校が同14年に弘前女子実業学校となり、蔵主町の弘前商業補習学校(弘前商業学校)と合体して現在の弘前実業高校になっていきます。
イメージ 9
最初の時敏小学校はその後公会堂となりました。その公会堂はというと大正12年に実業家藤田謙一の寄付により上白銀町に新築移転され、昭和33年に市庁舎建設のために解体され、その代わりとして昭和39年に現在の弘前市民会館が誕生。そして弘前市民会館と同居していた弘前市立中央公民館はというと、現在は弘前文化センター内に設置されているという…面白いですよね。
イメージ 10
玉成高等小学校跡地の碑はかつての正門付近に現在もひっそりと建立されています。現在の弘前中央高校のグラウンド。
イメージ 12
弘前中央高校のグラウンドは明治32年4月1日創立の中津軽郡清水村外十ケ村組合立玉成高等小学校の敷地だったのです。
イメージ 14
明治5年の学制では下等小学・上等小学各4ヶ年を修学制年限としていましたが、明治13年に改正されて教育令の施行となります。同19年の小学校令によって尋常小学校と高等小学校に分けられます。
イメージ 15
弘前においては教育令によって同18年1月に大成小学校に高等科が併設されていましたが、小学校令によって廃止され、同20年1月に現弘前文化センターの敷地に弘前高等小学校が開校されました。
イメージ 3
ところが同21年の市町村制によって翌22年4月には弘前市が誕生して中津軽郡から分離され、弘前高等小学校は弘前市の管轄となり、中津軽郡の村は新たに高等小学校を設立しなくてはならなくなったのです。
イメージ 4
しかしながら敷地は中津軽郡全村の共有敷地だったため、やはり弘前高等小学校に収容することにはなったのですが、年々増加する入学者により相当な数となってしまい、清水村外十ヶ村(豊田、和徳、駒越、藤代、高杉、千年、堀越、大浦、岩木、相馬)が十ヶ村学校組合を結成し玉成高等小学校が誕生。玉成高等小学校は農村の指導者養成を目指す独特な校風を作り上げ、各村の連携強化にも役立ちました。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 17
昭和22年の6.3制実施により玉成高等小学校はその使命を終え、校舎は和徳村立和徳中学校及び弘前市立第四中学校の校舎となります。
イメージ 2
イメージ 1
四中が同28年に樹木へ移転した後は火災にあった弘前地方裁判所が一時使用して、和徳中学校は同33年に弘前市立第一中学校と統合して廃校となり、同34年に青森県第一高等女学校(昭和25年に青森県立弘前中央高等学校に改称)の敷地になります。校舎は弘前中央高校本館建築の仮校舎として使用された後の昭和47年に解体されて完全に姿を消しました。
イメージ 16
イメージ 7
ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪