イメージ 4

イメージ 10
城郭の南に位置し、北はかつての南溜池跡に接します。
イメージ 7
イメージ 8
日暮橋で続く銅屋町から西の久渡寺道に至る道筋で、当町の中程から北へ唐金橋で在府町と連絡し、その西で北へ折れて加藤坂を下って寺沢橋を渡れば茂森町へと続きます。
イメージ 20
イメージ 22
イメージ 21
慶安2年の寺町(現在の元寺町)大火により焼失した寺院の移転のために翌3年に町割りされています。
イメージ 23
南塘グラウンドは南塘町?北新寺町もしくは桶屋町になるのかな?
イメージ 25
イメージ 26
ご存知の通り、かつての南溜池(鏡ヶ池)です。
イメージ 27
南溜池は城下防衛の役割が不要となった後に、市内小学校の学田となりました。
イメージ 6
そこへ下っていく2本の坂道(ピンクの線)。
イメージ 5
昔から変わらぬ坂道です。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 14
名付けて鏡坂と本鏡坂(笑)
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
かつては岩木山を水面に映していたという美しき鏡ヶ池の昔の風景を思い浮かべながら散歩します。
イメージ 18
イメージ 19
稲荷神社の近くが広い空地になっています。
イメージ 29
昭和10年の地図には仲舘広之助とあります。
イメージ 28
塀だけが残っていて不思議。
イメージ 31
さぞかし立派なお家だったのでしょう。
イメージ 33
この先は階段で南溜池へと降りれるようになっている…
イメージ 32
と思いきや通行禁止でした。
イメージ 30
対馬産業となりまさ。
イメージ 39
昭和10年古地図では對馬鉄工所と成田雑貨店。おぉ…名前が残っていますね。
イメージ 3
なりまさは弘前高校の生徒御用達!
イメージ 38
弘前高校は慈雲院跡地。
イメージ 24
詳しくはこちらをどうぞ。
イメージ 13
吉田金物店。
イメージ 34
イメージ 35
昭和10年古地図にも残っていた、かくみつ食品の「おとうふ懐石水豆花」ですが最近になって閉店したようで残念。
イメージ 36
太巻や。テイクアウト専門です。おはぎや饅頭が美味しいお店。
イメージ 37
新寺町標柱。
イメージ 2
慶安2年(1649)弘前城東方の寺院街の一画が焼失したのを機に、三代藩主信義(のぶよし)は、十五ヶ寺の寺院移築に着手、南溜池西方に新寺院街を作りました。以来この地を新寺町と呼ぶようになったものです。
イメージ 1
関連記事
その他寺院等「禅林街&新寺町寺院街」(カテゴリ)
イメージ 9
ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪