イメージ 1
かつての田中村。
イメージ 11
イメージ 12
天正8年(1580)に津軽藩祖為信の臣で太郎五郎吉祥の子田中惣右衛門宗久の領地となり居館が置かれたことにちなむ地名。
イメージ 18
イメージ 3
宗久は新屋村にも知行地を持っていたために、本田中村とも称したといいます。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
田中館跡地は現在の熊野宮境内で水堀跡を僅かに残しています。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
貞享4年検地水帳によりますと高宮太夫抱えの観音堂がみえ、慶長3年(1598)に大光寺城主津軽佐馬助建広の勧請と伝えますが、明治の神仏分離にて熊野宮に改称。
イメージ 17
忠魂碑と摂末社等。
イメージ 16
イメージ 15
こちらの石は何でしょう…疱瘡神的な…。
イメージ 14
本殿。
イメージ 13
真裏も舗装された道路となっているため本殿が真後ろから丸見え。
イメージ 2
ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪