イメージ 10
浄土宗誓願寺(弘前市)の末寺。
イメージ 11
イメージ 15
蓮門精舎旧詞(続浄土宗全書)によると元和3年良無の開基とありますが、誓願寺旧記(新撰陸奥国誌)には万治元年(1658)良無玄道の開基と伝えられ、難破による死者の冥福のため一宇を建て、誓願寺天暦に山寺号を乞うたといいます。
イメージ 12
イメージ 14
当初は寺屋敷跡に所在したとされます。
イメージ 16
菅江真澄も訪れています…近くの西願寺も正行寺も…まぁあの方はどこにでも訪れているんですけどね。
イメージ 17
イメージ 18
本尊阿弥陀如来像、脇侍の観音、勢至菩薩が町有形文化財に指定。
イメージ 9
「高祖光明善導大師」
イメージ 25
「宗祖 圓光東漸慧成弘覚慈教 明照和順法爾大師 法然上人」
イメージ 3
中泊町指定文化財の阿弥陀如来像。
イメージ 4
イメージ 8
「無縁山観音院海満寺 開山 良無玄道 上人」
イメージ 5
両隣にあるのは中泊町指定文化財の観音・勢至菩薩。
イメージ 6
イメージ 7
海満寺観音堂。
イメージ 19
津軽三十三観音十八番札所。
イメージ 20
寛永10年(1633)建立。
イメージ 21
当初は現神明宮境内にあり、飛龍宮と称されていましたが、明治の神仏分離令により神明宮を分立、観音堂は現在地に移転。
イメージ 22
江戸後期は飛竜宮に改称し、明治初年に本尊聖観音像は海満寺に移され、堂は取壊されたといいます。
イメージ 23
文政年間小泊沖から引き上げられた聖観音像(町有形文化財)を祀っているそうですが、どうもこれとは違ったようです。
イメージ 1
博物館かどこかに移されたのでしょうか。
イメージ 2
境内には百万遍がありました。
イメージ 13
御詠歌。「見渡せば御法も深き海満寺鐘の響に浮ぶ海士人」
イメージ 24
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/