イメージ 13

イメージ 28
猿賀山深沙大権現堂は猿賀村の南寄りに鎮座。
イメージ 14

イメージ 36
古くから猿賀山深沙大権現堂の別当の猿賀山長命院神宮寺。
イメージ 15
猿賀神社と同じ由緒を持ち、延暦年間(781~805)に坂上田村麻呂が東夷東征の際、古くから祭られていた上毛野君田道命に戦勝祈願したところ見事念願成就。
イメージ 20
イメージ 23
感謝の意と桓武天皇の勅令によって堂宇を造営し深沙大権現を安置したのが始まりと伝えられます。
イメージ 21
別当、天台宗神宮寺は藤原秀衡、阿倍師季、円明坊らが修復再建し江戸期を迎え、天正14年(1586)当時の領主津軽為信が再興し祈願所とします。
イメージ 24
しかし南部家との対立もあり天正15年(1587)に神宮寺と支院十二坊は壊されて、神宮寺の僧侶は追放、天台宗から曹洞宗に改宗させられ別当も最勝院が務めるようになります。
イメージ 32
元和年間(1615~1623)、津軽信枚が天台宗にかえし、神宮寺に支院十二坊と社家4人を配して、寺社領100石を寄進しました。
イメージ 33
文政6年(1823)に落雷で焼失しましたが文政8年(1825)に再建。しかし明治初年の神仏分離によって猿賀神社と改め、神宮寺と支院は破棄。
イメージ 34
イメージ 35
蓮乗院は存続を許されて、後に猿賀山蓮乗院(天台宗)になり、旧神宮寺支院の東光院も明治26年に復興し、猿賀山神宮寺(天台宗)と改めました。
イメージ 25
仁王門に安置されている金剛力士像(仁王尊)。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
「本藩旧記に依れば、文政6癸未年(1823)6月14日作、弘前鍛治町秋田屋安五郎の作と言われる。同旧記に尾上村惣兵衛、猿賀村庄兵衛の寄進したものと記録されている。平川市文化財」とあります。 
イメージ 16
こちらは天台宗猿賀山蓮乗院。
イメージ 12
イメージ 31
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
仁王門。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
大黒天。
イメージ 22
蓮乗院の本尊である一光三尊来迎阿弥陀如来像についての標柱。
イメージ 26
イメージ 27
「天正13年猿賀十二坊為信に一山破却さるより約30年津軽越中守信枚公により復興される。中央本尊は鎌倉時代の造作と推定されるが後背、台座、脇師は文政時代の作である。平川市文化財 」とあります。 
イメージ 29
イメージ 11
イメージ 30
猿賀山深沙大権現
別当:神宮寺
衆徒:
正覚院
東光院
常住院
華蔵院
善教坊
宝蔵院

多聞院
普門院
明王院
勝福院
蓮乗院
地蔵院

社家:
今和泉太夫
本宮太夫
中宮太夫
宮ノ太夫

社人:太江右門・神三郎抱えの屋敷
イメージ 4
盛美園
イメージ 5
イメージ 6
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/