貞昌寺は弘前藩内の浄土宗寺院の中で四ヶ方丈(誓願寺・本覚寺・法王寺)の格式を持っていました。新寺町の中でも重要な位置に配置。東の本行寺と西の真教寺の間に位置。
イメージ 12
本尊は阿弥陀如来。もと磐城の専称寺(現福島県いわき市)末寺。寺禄60石。旧浄土宗僧録所。寺号は永禄3年(1560)3月に亡くなった藩祖津軽為信の生母桂屋貞昌大姉にちなむといいます。
イメージ 13
蓮門精舎旧詞(続浄土宗全書)によりますと、開山は円蓮社良貞で、永禄年間の建立。開基に2代藩主津軽信枚。
イメージ 14
(孫文が揮毫した山田良政の碑)
イメージ 15
正徳元年(1711)の寺社領分限帳には、大光寺村(平川市)より寺町へ移り、正保年間(1644-1648)に現在地へ移転。寺禄は為信が慶長年間(1596-1615)に30石、信枚が元和年間(1615-1624)に30石寄付。宝永3年(1706)4代藩主津軽信政は、2代藩主信枚生母の栄源院の百年忌法事に際し、郭瑞籬・位牌堂・本堂・庫裏・十五堂・観音堂・惣門・塀などを修復。
イメージ 16
(蒋介石が揮毫した山田純三郎の碑)
イメージ 3
津軽一統志によりますと、開基は為信の娘で津軽建広室の富姫で、開山は岌禎法庵。
イメージ 7
慶長13年2代藩主生母栄源院殿月窓妙林大姉を当寺に葬り、寺禄30石を寄付。山号は戒名によると思われます。
イメージ 6
元和8年為信の娘伊喜が亡くなり、いったん長勝寺へ埋葬しましたが、貞昌寺3世良城の願いにより廟・位牌などは当寺へ移し、30石を加増され、僧録所となったといいます。翌9年には3代藩主信義生母の荘巌院が死亡し当寺に葬られ、阿弥陀三尊・卓三具足・撞鐘が2代藩主信枚によって寄進。
イメージ 8
寺町で類焼の後、慶安4年(1651)本堂を再建。藩主正室や姫君を葬っているために裏方菩提所とも呼ばれています。
イメージ 11
県重宝の貞昌寺庭園(3,240㎡)。元禄年間に4代藩主信政に召抱えられた京都の数寄者野本道玄作と伝えられる一文字の庭を巧みに修復した縮景式築山泉水庭園。
イメージ 9
特に領内を縮小した構成になっていて岩木山や岩木川、津軽平野を模した縮景式庭園で更に背後の山々を借景として取り入れています。
イメージ 2
全国的にも珍しい様式で、津軽の庭園文化の流れを辿るためにも貴重な庭園となっています。庭園は建物の下を潜る道があり、そこから抜けてスリッパにて見学可能。
イメージ 1
寺宝である絹本著色当麻曼荼羅図は東北では数少ない鎌倉時代後期制作。14世紀初めに京都の第1級の絵仏師が描いたものと推定。奈良当麻寺の浄土図を模し4分の1の大きさであることから四分一曼荼羅と呼ばれています。平成3年に青森県重宝指定。毎年春か秋の彼岸の際などに公開しています。
県重宝の絹本著色当麻曼荼羅図
寺宝である木造釈迦涅槃像。延宝8年作。
イメージ 10
また、享保16年新町のぬれ仏を当寺が引取り、寛保元年(1741)には富田町の新町へ遊女町が取立てとなったために、同所にあった黒仏を引取っているそう。新撰陸奥国誌によれば境内の庭に台座より頭上まで7尺8寸で、享保2年2月10日鋳造の阿弥陀如来像が安置されるとあり、この像がぬれ仏か黒仏であったと思われます。なお、『青森県における生殖器崇拝資料』によりますと、個人墓地には昭和初期まで高さ80cmの石製男根が祀られていたそうですが、現存していないようです。
イメージ 5
境内に塔頭寺院として天徳寺・西光寺・西福寺・徳増寺、円城寺(現廃寺)、境内外に同じく遍照寺。末寺として油川村浄満寺・奥内村清岩寺(現青森市)、飯詰村大泉寺・広田村専念寺(現五所川原市)、板屋野木村大善寺(現板柳町)、八幡村善導寺(現廃寺)、広須村浄円寺(現つがる市柏)、関村常安寺・深浦町荘厳寺(現深浦町)。更に鯵ヶ沢町法王寺、今別村本覚寺(現今別町)、弘前城下新寺町白道院(現廃寺)、藤崎村摂取院(現藤崎町)。
イメージ 4
再訪記事『辰姫 ・ 平尾魯仙(貞昌寺)』

ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/