高野山真言宗。本尊は大日如来。法光院は昭和32年5月、北山公章師により弘前市萱町に開山。
イメージ 16
52年5月には城東中央四丁目に新四国八十八カ所弘前霊場も開山して、世界平和・交通安全祈願のため、身の丈23尺(約7m)の修行大師(厄除大師)銅像を建立。
イメージ 17
イメージ 18
88体あります。
イメージ 4
住職が霊場を巡った際の砂が埋められているそう。
イメージ 5
イメージ 6
本堂を始めとしてすべてでかいっ!
イメージ 7
イメージ 9
霊場建設に使われた岩石は、岩木町百沢の水害により流出、22人の犠牲者を出したとして知られている石。
イメージ 3
また、55年4月には身の丈20尺(約6m)の子育水子観音石像を建立。
イメージ 20
59年3月、法光院を弘前霊場境内地に移転し、60年4月、明治神宮専属宮大工23名にて新本堂が2年がかりで完成し現在に至っています。
イメージ 8
本尊は金胎両部大日如来尊にて、胎蔵大日如来尊像は630年程前の作と推定。
イメージ 10
大師堂の脇仏浪切不動明王は大変珍しい形相をしており、昔、百沢寺に祀られていたもので、約800年前の作と推定。尚、近年薬師仏と孔雀明王が奉納されお祀りされてあります。
イメージ 12
イメージ 13
境内には八大竜王神が奉安。
イメージ 1
イメージ 11
※カメラのレンズが汚れていてすいません。
イメージ 2
イメージ 19
平成11年4月、鐘楼堂の梵鐘(平和を祈る鐘)を建立。
イメージ 14
ご詠歌…
「はるばると ここに詣でる わが身をば 包めほとけの 法の光で」
「詣で来て 仰げば高し 大師像 祈るこの身の 無病息災」
イメージ 15
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/