旧岩木町の八幡村にある八幡宮。
イメージ 1
すぐ横には大浦城(別称:八幡城、賀田城)の天然の外堀でもある後長根川が流れます。
イメージ 20
イメージ 10
かつての大浦城から見て北東に八幡宮があったために鬼門鎮護の鎮守社として崇敬社となります。
イメージ 21
天正18年(1590)、火災にて焼失。大浦為信が社殿を再建。
イメージ 22
慶長17年(1612)に2大藩主信牧が居城を弘前に移す際、現在の弘前城の鬼門に遷宮し、弘前藩の総鎮守八幡宮となり、領内の寺社総取締の最勝院があたり塔頭寺院12ヵ寺が参道の両側に軒を連ねました。
イメージ 2
旧岩木町の八幡村の跡地には村民が再度八幡宮を祀り、誉田別命を御祭神にしました。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
鳥居に面が2つ。
イメージ 15
猿田彦と…
イメージ 9
鬼?
イメージ 16
いや、どことなくデスラー総統の雰囲気さえ持っています(笑)
イメージ 17
イメージ 14
狛犬等。
イメージ 5
この狛犬さんとお馬さんは足が折れたのかな?
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 4
案内板より…
イメージ 11
「八幡信仰の主神は誉田別命であり、その歴史は相当古く、貞観2年(860)九州宇佐より京都に王城守護神として勧請され、朝廷から深く崇敬されたことから、鎌倉時代に至って全国各地に勧請された。武神として信仰され、民衆にはお産の神として信仰が広まった。
イメージ 12
この地の八幡宮草創の年代は不詳であるが、大浦城鬼門の守護神として尊崇され、慶長11年(1606)居城の弘前移転に伴い、弘前城守護神として田町に移転、その後、八幡、賀田、鼻和の部落民が鎮守として復社し、現在に至っている。」
イメージ 13
イメージ 3
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/