イメージ 9
十腰内にあります巖鬼山神社。岩木山神社発祥地。
イメージ 10
巌鬼山神社の創建は延暦15年(796年)、巌鬼山西方寺観音院として開かれたのが始まり。
イメージ 11
大同2年(807年)に坂上田村麻呂が東夷東征の戦勝祈願として社殿を再建。
イメージ 16
古くは岩木山山頂の奥宮に対して下居宮の格式があったとされ岩木山信仰の中心的な祭祀が行われていましたが寛治5年(1091年)に岩木山神社が勧請されると百澤寺に祭祀が移されました。
イメージ 12
歴代領主に崇敬され、文安5年(1448年)に火災で社殿が焼失すると、寛正4年(1463年)長見孫太夫氏によって再建。
イメージ 17
慶長2年(1597年)津軽為信が社殿を修復、慶長9年(1604年)津軽信建が鰐口を奉納、元禄4年(1692年)火災で焼失した社殿を4代弘前藩主津軽信政により再建。
イメージ 18
イメージ 19
明治6年(1873年)の神仏分離令にて、十一面観音像と鰐口を百沢寺に納め、堂舎をそのまま神殿とし巌鬼山神社に改称。
イメージ 14
狛犬。
イメージ 1
イメージ 2
かなり変わった狛犬もいました。
イメージ 13
イメージ 20
拝殿内には絵馬。
イメージ 23
イメージ 21
そして鬼!!
イメージ 22
こちらは県重宝の本殿。
イメージ 25
イメージ 24
本殿の狛犬たち。
イメージ 3
イメージ 4
巖鬼山神社境内に鬼神が休んだ時の足跡と伝えられる「アクド石」というものがあると、こちらの本で読んだのですが…
イメージ 26
それについてはどの石なのかわかりませんでした。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 15
鬼神太夫伝説による刀が1本あると言われています。
高倉神社(湯舟飛龍宮・鯵ヶ沢町湯舟町)
イメージ 8

ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/