何度も訪れています…霊場恐山菩提寺。
イメージ 1
高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場の1つ。カルデラ湖である宇曽利湖を中心とした外輪山の総称であって恐山という単独峰は存在しません。
イメージ 8
なんていうか…中ではあまり写真を撮る気がしないので撮ってません。極楽と地獄の両方を感じさせる自然空間が広がっています。4つの温泉もあるんですよ。
イメージ 2
開山は貞観4年(862年)。開祖は天台宗を開いた最澄の弟子である慈覚大師円仁。
円仁が唐に留学中、 夢で「汝、国に帰り、東方行程30余日の所に至れば霊山あり。地蔵尊一体を刻しその地に仏道を広めよ」という御告を受けました。
イメージ 7
円仁はすぐに帰国して夢で告げられた霊山を探し歩き、この 恐山に辿り着いたと言われています。その中に地獄をあらわすものが108つあり、全て夢と符合するので、円仁は6尺3寸の地蔵尊を彫り、 本尊として安置したとされています。
イメージ 9
仏ヶ浦です。由来はアイヌ語の「ホトケウタ:仏のいる浜」が転訛したとも言われています。
イメージ 10
緑色凝灰岩で構成された岩肌が、風雪や海蝕によって様々な奇岩怪石が造りだされています。
イメージ 11
イメージ 3
古くは恐山参拝の帰り仏ヶ浦に寄る人も多く(現在でも地蔵尊が祀られ恐山の例祭の中日に仏ヶ浦の例祭が行われています)、奇岩怪石には如来の首、五百羅漢、一ツ仏、親子岩、十三仏、観音岩、天竜岩、蓮華岩、地蔵堂、極楽浜、天蓋岩、極楽浜等の極楽浄土を思わせる名称が付けられています。
イメージ 12
イメージ 4
大町桂月が仏ヶ浦を訪れた時「神のわざ 鬼の手つくり仏宇陀 人の世ならぬ処なりけり」の和歌を残し仏ヶ浦のことを絶賛しました。
イメージ 13
遊覧船からの景色がいいですよ。
イメージ 14
そしておきまりのぬいどう食堂。
イメージ 5
イメージ 6