新町坂(あらまちさか)です。
イメージ 1
川の氾濫が多さから、荒町と呼ばれていたために荒町坂とも言います。
ちなみに二階堰はかつて岩木川本流で外濠の役目も果たしました。現在の岩木川は駒越川と呼ばれたそう。
弘前の城下が造られた時、城のある丘陵地帯(東側)を上町(うわまち)、低地帯(西側)を下町と称しましたが、藩政初期城下の表玄関として発展した下町から上町に至る大道筋(大きい国道)がこの新町坂。
イメージ 2
城域から城下の新町へ通じていることから古くは「新町江下る坂」と記録され新町坂は通称でした。
当初、交通量は城下第一でしたが四代藩主信政の時「新坂(現在の古坂)」が造られたため、この坂の交通量は大分少なくなったと伝えられています。
イメージ 17
明治になってから、坂上の入口を南へおよそ60メートルほど移したのが現在の坂であり、藩政初期重要な通路であったこの坂も、現在は景観の美事な名所となっています。
イメージ 22
イメージ 11
古地図を見ると坂上のすぐ左に新屋敷という長屋があります。ここは津軽玄蕃下屋敷(現藤田記念庭園)と思われます。
なお、この坂は石坂洋次郎の小説『わが半生の記』にも出てきます。石坂洋次郎は学生時代までこの坂上にあたる塩分町に住んでいました。こちらは昭和10年の古地図。
イメージ 16
図書館の裏手から歩いて新町坂へと向かうと信号の向こうで車や人が消えていくのがわかります。
イメージ 18
そのくらいの勾配を誇る名坂です。手すりがあるのも頷けますね。
イメージ 19
イメージ 21
イメージ 20
イメージ 3
横からも見れるので高低差がわかりやすいです。
イメージ 15
平成4年(1992年)に新町坂より南に城西大橋(ガードレールが津軽塗りの仕掛けべら)が開通。
こちらは比較的新しい地図になりますが「旧坂」と名付けられていますね。恐らく城西大橋に対しての旧坂ということでしょう。昔はメインだった坂も、現在は新しい二つの坂に挟まれて人通りの少ない坂道となっています。
イメージ 23
下の写真は新町坂から見た城西大橋と、城西大橋から見た新町坂です。
イメージ 4
イメージ 5
今では城西大橋の方が岩木山展望の名所として人気がありますが、坂道としての趣はこの新坂町の足元にも及びません。見事なS字の湾曲です。
イメージ 6
坂下を少し進むと醸造業の老舗、河内屋さんがあります。藩政時代には指折りの豪商で、幕末の嘉永5年(1852)に長左衛門が伊勢参宮、西国三十三観音詣りをしており、その納経帳が残されているのが貴重。また、江戸の生き人形作り、古今亭原舟月(二代目)作の素晴らしい雛人形もあるといいます。
イメージ 7
藤田記念庭園と坂の中腹にあるサイカチが坂道の情緒を深めております。
イメージ 8
サイカチはかつての岩木川が作り出した先達ヶ淵と呼ばれる険しい場所に立っています。
イメージ 13
十三潟から来た船をこのサイカチに繋いで船着き場にしたとも伝えます。
イメージ 9
推定樹齢300年のサイカチ。
イメージ 10
冬場は淋しい感じですが、季節が変われば緑の葉で覆われます。
イメージ 12
新町坂からの岩木山の眺め…雲め…