くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

東北地方の神社仏閣を中心に、歴史的建造物等々を適当に紹介しております٩(ˊᗜˋ*)و

1
2
赤神神社五社堂拝殿から999段の石段を上って行きます。
3
3.5
鬼が積み上げた石段なのでこのような感じです。
4
赤神神社五社堂仁王門。
5
仁王像。
6
6.5
石灯籠一対(文政9年)。
7
7.2
7.4
7.8
999段の石段は続いていますが長楽寺に寄ります。
8
真言宗智山派瑠璃山長楽寺。
8.5
赤神神社五社堂への999段の石段の途中にあります。
9
9.5
山岳信仰で栄えた寺院。男鹿本山修験の拠点であり、赤神神社の別当で、秋田三十三観音霊場の第26番札所。御本尊薬師如来。
11
11.4
11.8
貞観2年自覚大師により開創。日積寺永禅院の二世慈恵により開山。九ヶ寺四十八坊の堂宇伽藍が建立され営まれていましたが、江戸末期には長楽寺を含む3ヶ寺しかなっかたといいます。薬師如来を御本尊とし、民衆からも篤い信仰を集め、特に中世は安東氏、近世は佐竹氏の庇護が篤く多くの宝物を保有。明治の神仏分離令により五社堂神社と寺院とに分離。日積寺は廃寺。
12
12.4
12.6
12.8
長楽寺に保管されている絹本着色、金剛・胎蔵両界曼荼羅(鎌倉時代末期の作)、絹本着色弘法大師像(鎌倉時代末期から室町時代初期の作)、木造薬師如来寄木漆箔座像は秋田県指定有形文化財となっています。木造薬師如来寄木漆箔座像は天正20年につくられた檜材の寄木造の仏像。高さ81.8cmで胎内には「作料檀那館岡大和守康儀 赤神山本堂御本尊 天正廿年 壬九月廿一日作初 亥十一月廿一日作終 本願主 永禅房 権大僧都法印円堯敬白」と墨書銘があります。写真は男鹿市のホームページで見ることができます(平成31年現在)。
13
長楽寺縁起…『平安時代後期、貞観2年(860年)比叡山延暦寺の僧、圓仁(第2代管長)この地に来たりて日積寺、永禅院、長楽寺など九ヶ寺四十八坊の堂宇伽藍を建立した。然るに、明治5年神仏分離令が制定され五社堂神社と寺院とに分離され以来、長楽寺は薬師如来を神仏一統の本尊とし多くの信仰をあつめ、特に秋田城之介実季から佐竹公まで七百石を拝領手厚い庇護を受け出羽国秋田最古の霊場として栄えた。また、高僧、圓仁は松島(瑞巌寺)・岩手(毛越寺)・山形に山寺(立石寺)・青森(恐山)・男鹿の本山に永禅院、長楽寺他四十八坊を創建、6年の歳月を経て工事工房完成し比叡山に戻った。佐竹公は、藩の経済を建てる建前から阿仁の金山、八森の銀山、男鹿に大漁祈祷道場を設け、その豊漁と海上路の安全を願い長楽寺を祈祷所と定め毎年1回久保田城を出向、この地門前で祈願祭が行われ、歴代の知事が、昭和16年、第二次大戦まで続いて来られた。藩公寄進の「歓喜天像」は現在も保存され、万民の豊楽、抜苦快楽、諸願成就を願い、毎年1月16日の祈祷には、近隣から沢山の信者が集まる。これら長楽寺の歴史と仏教文化の伝統と更なる発展を願って、この度、壇信徒の支えを得て 平成7年本堂の新築を記念しこの碑を建立す。平成9年8月吉祥日。男鹿本山長楽寺第91世権大僧正坂本義順代。長楽寺檀信徒総代小坂金四郎、外役員一同。』※ちなみにこちらの碑は蓮池、五社堂駐車場付近にあります。
14
大僧正授与記念碑(平成20年夏・長楽寺91代貫主義順)。
15
灯籠と鐘楼。
16
鐘楼。
17
梵鐘。
18
鐘楼より「鐘楼建立之由」(東京目黒区石川勇吉殿)…『石川氏は男鹿市加茂青砂、三左衛門の子孫にして東京に在住、氏は克く事業を興し日本興運株式会社代表取締役社長として現役せる。常に篤く仏法僧に帰依し先祖累代供養の為と男鹿市民の平和と安穏を祈願し茲に東北地方最大の鐘楼一宇を寄贈された。願わくば當家門繁栄、社運興隆、埀れ賜わらんことを、及至法界平等利益。長楽寺副住職義順謹書』・「高野槙100本記念植樹」…『智積院(京都本山)と高野山参拝。(参拝者名省略)。参拝者一同建立。平成22年11月11日』
19
弘法大師壹千百年遠忌記念碑。
20
999段の石段に戻ります。
21
鳥居。
22
長楽寺宝物殿。
23
要事前連絡と書いてありましたが開いていました。どうやら平日は要予約のようです。ちなみに有料。本県最古の寺院本堂にある日本美術院特待の佐藤元彦画伯作の帆掛島の襖絵のほか、鎌倉時代以降の絵画や彫刻類を展示。鎌倉・室町時代の「絹本着色金剛胎蔵両界曼陀羅(県指定有形文化財)」も展示されています。
24
宝物殿付近の石灯籠。
25
ってことで長くなりましたので『五社堂(男鹿市)』へ続く。
26
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
五社堂駐車場もありますが、石段起点から上りたいので親栄館前の門前駐車場から五社堂へ出発します。
2
目印は巨大ななまはげです。
3
奇習「なまはげ」は、12月31日大晦日の夜(旧1月15日)に男鹿半島全域約60地区において行われる伝統的な民俗行事。
4
なまはげ伝説…『昔、漢の武帝が白い鹿の引く飛車に乗り、五匹のこうもりを従えて男鹿にやってきた。こうもりは五匹の鬼に変わりよく働いたので、武帝は正月十五日の一日だけ休みを与えた。鬼たちは初めて村里へ出られるうれしさのあまり、畑を荒らし、家畜や娘たちをさらっていった。これに怒った村人は武器を手に手に鬼退治に出かけたが、力の強い鬼たちに散々な目にあわされた。ますます乱暴になった鬼たちに困った村人は、鬼たちと"かけ"をすることにした。「毎年ひとりずつ娘をさし出すかわりに、五社堂まで一夜のうちに千段の石段を造ること。これができなければ二度と村へは来るな」と。鬼たちは日暮れをまって、石段を積み始めた。大きな石をかかえ、あれよあれよという間に石段を積みあげていく。あわてた村人は、ものまね上手を使って鬼たちが九九九段まで積み上げたところで「コケコッコー」と一番鶏の鳴きまねをさせた。鬼たちは飛び上がって驚き、怒り、そばにあった千年杉を引き抜き、まっさかさまに大地に突き刺し山へ帰っていった。それからというもの、鬼たちが再び村へ下りてくることはなかった。五社堂はこの鬼たちをまつったものといわれ、これが「なまはげ」の起こりともいわれている。』
5
なまはげ像。
6
6.5
『このなまはげ像は、なまはげ伝説を由来とする赤神神社五社堂の守護神です。五穀豊穣、大漁満足、海上安全、交通安全、家内安全、学業成就、縁結び等の祈願の為設立されました。なお、皆様から戴いた貴重なお賽銭は、もう一体青のなまはげを建立してもらう資金ならびに観光振興資金、環境整備資金等に使わせて戴きます。男鹿市観光協会門前支部』
7
周辺案内地図。
8
五社堂まではここから徒歩約30分です。
9
まずは、なまはげ像の後ろ見える長楽寺を目指します。
10
思っていたよりも近そうです。
11
なまはげ像の裏に道があり、そこを下って行きます。
12
道なりに進んで石段へ。
13
ここが起点となります。
14
石段途中の祠らしきもの。何かは未確認。
15
道路を横切ります。
16
赤神神社拝殿。
17
遥拝殿ですね。
18
なまはげの絵。
19
『「なまはげ」は鬼ではなく「神様」だった。知らなかった日本に嬉しくなりました。』吉永小百合
20
一般的にはここから上るか、更に上にある駐車場から上ることが多いようです。大した差はありませんが。
21
拝殿横。
22
22.5
石碑。中央の「赤神岳」と題された碑は本山赤神神社社殿復興碑(昭和27年7月15日)です。興味深い内容でしたが先を急ぎます。
23
小さい碑には白龍(昭和27年11月建立)と彫られていました。
24
「男鹿半島西海岸」案内板より…『門前地区から北へ向かう男鹿半島西海岸沿いの道路は昭和45(1970)年に「大桟橋有料道路」として自衛隊の手で開通しました(現在は無料開放され県道59号線)。それ以前は船が主要な交通機関となっていました。西海岸の断崖と日本海は壮観な景観をつくり出しています。この断崖は役3000万年前、日本列島がユーラシア大陸の東の端にあった時代の火山噴火で引き起こされた泥流が堆積したと考えられており、風化した岩石は様々な造形をつくり出しています。』
25
25.5
上空から見た門前地区と海岸。
26
菅江真澄が描いた文化元(1804)年の門前の浦。
27
ってことで長くなりましたので『長楽寺(男鹿市)』へ続く。
28
29
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
秋田県男鹿市船川港本山門前。
2
赤神神社五社堂拝殿の東方。歩いてすぐです。
3
不動滝から流れる祓川の畔に鎮座。
4
由緒については不明。
5
手元に資料等は無いので一応、五社堂にある案内板の「男鹿図屏風」、「名勝男鹿半島遊覧御案内」の鳥瞰図、菅江真澄の描いた門前の滝(「男鹿の秋風」)、「絹篩」などの絵は見てみましたがよくわかりませんでした。
6
6.2
6.4
6.8
社殿内。中央に祀られるのは不動明王。
7
県内には同名の神社がいくつかありますが、かつての不動尊(滝を御神体・水神)が神仏分離によって今木神社と改称しているものがほとんどのようです。渡部斧松(江戸時代後期の老農、農業指導者、農業経営者)に関連しているようですが詳細は調べていません。滝の頭に鎮座する今木神社を深く崇敬して開田に成功した偉人です。
8
狛犬一対。
9
9.5
台座に紀年銘等がありますが、状態は悪く、下部も埋もれていてよく見えませんでした。
10
10.5
皇紀2600年碑。
11
琴平神社・赤神山・太平山・石祠一基。明治初期の紀年銘。
12
12.2
12.4
12.8
 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ

↑このページのトップヘ