くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

東北地方の神社仏閣を中心に、歴史的建造物等々を適当に紹介しております٩(ˊᗜˋ*)و

1
青森県むつ市大畑町八幡湯坂。国道279号線大畑バイパス沿い。大畑の人々はこの集落を川向いと呼んでいます。大畑川と背後の海岸段丘に挟まれた湿地帯が多く、明治中期に幾多の困難を克服して道路を作ったといいます。
2
稲荷の勧請年は定かではありませんが、現在地に鎮座しているのは3度目と云われています。背後丘陵の中腹には湧き井戸があり、傍らには石碑があり、稲荷大明神と彫られています。祠堂が有志により建立されたのは明治初期ではないかと推測されています。神使の狐が時々やって来て、夜通し鳴き叫び、漁業を本業としていた湯坂下の人々はその鳴き状態で吉兆を判断していたといいます。
3
大正・昭和と戦時中にかけてイカ釣り漁が盛んになり、庄内、秋田、岩手、八戸、六ヶ所等の船が大畑港にやって来て、特に庄内の船の人々がこの湯坂下に番屋を作り一家総出でやって来たそうです。旅からの漁師やその家族、乗組員、仲買人等の出入が多く、縁あって土着する人もあり、大畑の人々は上海と呼んでいました。昭和40年に八幡宮宮司宮浦均氏に伏見稲荷を勧請してもらい、現稲荷神社と合祀して、湯坂下町内会が霊験あらたかな神として信仰。祭礼は8月8日が宵宮、9日が本祭。
4
4.5
湯坂下稲荷神社の由来…『【祭神】倉稲魂命(稲荷神)【例祭】8月9日、10日【由来】明治初期に勧請され、現在地に建立されたのは3度目といわれている。昭和21年8月社殿改築。石段を設置し狐像2基を湯坂下青年団が奉仕寄贈。神使である狐が時々やってきて夜通し鳴き叫んだといわれ、その鳴き声で漁等の吉兆を判断するという不思議な語り伝えもある。大正初期から昭和36年頃までは、イカの豊漁で町全体が活気に満ち、特に庄内方面から来た船の乗組員が番屋を建てて生活していた。イカ釣が縁で旅から多くの人々が大畑に入り、中には湯坂下に定住する人が多かった。昭和40年、八幡宮宮司、宮浦耕造氏に京都の伏見稲荷神社より分霊してもらい、元稲荷神を合祀し、湯坂下町内の守護神として信仰することになった。平成2年8月社殿再建、大鳥居修復。大畑町教育委員会』
5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
マンガを活かしたまちづくりを推進している宮城県石巻市。
2
ってことで、石巻市立町付近をyuki散歩(※yuki散歩part15になります)。
3
既に暗かったので立町大通り付近からほんの一部だけの紹介です。
4
たちまち商店街マップ。
5
「いしのまきマンガロード」案内板。
6
まずは誰もが知っている仮面ライダー!
7
仮面ライダーBlackはめちゃBlackだったのでフラッシュ撮影。
8
サイボーグ009。島村ジョー。
9
サイボーグ004。アルベルト・ハインリヒ。
10
サイボーグ006。張々湖(ちゃんちゃんこ)。※隣は「立町」標柱。
11
サイボーグ007。グレート・ブリテン。
12
モニュメントだけではなく、ベンチやポスト、マンホールの蓋など、至る所に石ノ森キャラが隠れています。※写真はスカルマンポスト。
13
佐武と市。
14
ってことでホテルへ向かいます。
15
石巻グランドホテル(宮城県石巻市千石町)。
16
16.4
16.8
石巻鋳銭場作業工程絵図。仙台藩(第5代藩主伊達吉村公)では、北上川河口の石巻に鋳銭場を設置し、享保13年(1728)正月から寛永通宝の鋳造を開始。これが寛永通宝享保仙字銭で、操業の断続もありますが、約140年間にわたり石巻鋳銭場が存続することとなりました。この絵巻は、石巻市毛利コレクションに所蔵されている絵図をもとに陶板に再現したものです。鋳銭場は地名として当ホテル周辺に残されています。
17
石巻市地産地消推進店グルメガイドブック。
18
うに、ホタテ、金華さば、金華かつお、あなご、ホヤ、牡蠣、クジラなど海産物が多いですね。どれもおいしそう。
19
お店もたくさん載っていましたが、今回は下調べをしていなかったのでホテル内の「日本料理石亭」へ。
20
魅かれる…
21
けど、我慢。
22
22.4
22.8
お腹いっぱいで満足です(※食べ物の写真は一部です)。
23
23.4
23.8
お酒は墨廼江をチョイス。
24
ホテル前にあった「旧町名-新田町」の標柱。碑文『元禄二年五月十日「奥の細道」の旅で石巻を訪れた芭蕉と曾良は、日和山からの眺望を樂しみ、住吉神社に参詣後、新田町の四兵へ宅に一泊した。安永二年三月の「安永風土記書出」には、家数五十二軒と記されている。』※千石町(旧新田町)四兵衛宅=現石巻グランドホテル
25
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
宮城県宮城郡松島町磯崎浜。
2
2.5
松島には何度か来ておりますが宿泊は初めてです。館内は広くて方向音痴の私はちょっぴり戸惑う造りでした。
3
ってことで無駄に遠回りして夕食会場へ笑
4
4.4
4.8
バイキング形式で料理はたくさんあったのですが写真はあまり撮っていません。なぜなら盛り付けのセンスに欠けるので。そしてバイキング形式とはいえ、飲み物(お酒)を自分で取りに行くのはかなり面倒ですね。
5
ステーキとか牛たんとか牡蠣とか食べまくりました。
7
牡蠣の殻だけ載せておきます笑
8
お部屋にあったお菓子「絹のしらべ」。どこのお菓子なのかな?と思い、検索したら色々な地域が出てきました。ちなみに食べていません。
9
庭園。近くに海があるのかと思ったら、海との間に巨大な庭園(巨大なプールもありました)があったので引き返しました。
10
中庭へ。
11
日本庭園。
12
池があります。
13
神社。
14
社号標「松島若草弁財天」。
15
本殿。
16
『その裾が松島タワーの定礎となった弁天島には、鎌倉時代以前から若草神社が祀られてあったが伊達17代貞山公政宗が現在のヘルスセンター敷地を中心とした約三十町歩(約30ヘクタール)にお塩場(髙城塩田)を経営するにあたって、新に弁財天を合祀して磯崎弁天と称し、紫神社とともに髙城塩田東西の守り尊として崇めたものといわれている。昭和10年春、宮城県が松島の公園計画を進めたとき、瑞巌寺百二十六世盤龍和尚の手によって、磯崎弁財天は福浦島に舟積み移管されて今日に至っている。昭和32年、髙城塩田は埋立てを終え、松島温泉ヘルスセンターをはじめとして、皆さんのレクリエーション設備が整えられようとしているとき、松島を訪れる内外の観光客に金運と子宝、世間衆生の喜悦と妙音。即ち経済と平和、子孫繁栄をもたらすものとして、このたび松島若草弁財天が鎮座されたのである。』
17
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

↑このページのトップヘ