くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

2020年4月18日、33年に1度の本尊聖観世音菩薩ご開帳は関係者のみで行われました。併せて、修復が終わった円山応挙の幽霊画「反魂香之図」の魂入れも実施。当初予定されていた一般公開は2021年に延期。新型コロナウイルスの影響です。参加された関係者により、新型コロナウイ ...

秋田県大館市出川上沢岱。出川会議所隣り。出川の欅からも近い場所です。参道には美しいスギコケがたくさん生えていました。出川村は江戸初期より開発が進められています。慶安元年には一村検地が実施されたそうですが詳細は不明。鳥居。柱の下部だけが八角で願主や石工など ...

秋田県大館市出川上沢岱。市指定天然記念物の出川の欅。推定樹齢1000年以上。1本の根から5本の幹に分かれています。樹高約30m、目通り幹周り17.1m、根かぶ周り28.4m、主幹直径約2.5m、樹冠東西約30m・南北約28m。大き過ぎてヤバイよヤバイよー!!最も大きかったと思われる1 ...

青森県弘前市小栗山山下。デイリーヤマザキ弘前小栗山店、白馬龍神温泉付近。明治9年創設。明治25年磨光簡易小学校から磨光尋常小学校に改称。明治26年松木平から小栗山に磨光尋常小学校が新築移転。大正12年清水森・大和沢尋常小学校を合併吸収し、千年尋常小学校となり、そ ...

平川市新館駒泊。あしげ堤親水公園(みどりの広場)付近。唐竹から広船に向かう途中。標柱のみの紹介です。遺跡からの出土品等は平川市郷土資料館に展示されています。『昭和58年、町教育委員会の発掘調査により、弥生時代の住居址三軒と墓壙が発見された。墓壙からは壺型土 ...

弘前市中野。メニュー。やきそばのみ!最近は焼きそば専門店も増えたので珍しくないですけどね。値段は大が700円、中が600円、小が350円。一見すると普通の焼きそば。ところがソース(タレ)が超しゃばしゃば。こぼさずに持ち帰るのは至難の業。黒石市でつゆ焼きそばがブーム ...

青森県南津軽郡田舎館村大字高樋。弘南鉄道田舎館駅前。案内板は消えており全部は読み取れませんが、『津軽の中央部田舎館村の垂柳遺跡から弥生時代のものとしては日本最北の水田跡が発見されました。このことは日本農業史にとって画期的なことで、わが田舎館村の先人…』と ...

青森県南津軽郡田舎館村大字高樋。弘南鉄道弘南線。昭和25年7月1日開業の田舎館駅(無人駅)。駅舎内には駅事務室を利用した軽食喫茶「かくれんぼ」が併設されていたそうです(現在は廃業)。1面2線。駅舎。上の旧字の方がいいですね。令和2年5月、田舎館駅待合室のGOMAさん ...

『鳥越観音 ~ 其之肆』からの続き。七丁目からスタート。石段脇に小さな手水石や燈籠など色々ありました。その中に最後の七丁目の石塔。ゴールの七丁目!!と言っても、ここまでそんなに険しかったわけでも、距離が長かったわけでも、勾配がきつかったわけでもございません ...

『鳥越観音 ~ 其之参』からの続き。六丁目坂からスタート。ここからは整備された石段。石段下に狛犬一対(明治41年旧3月3日)。かなり個性的な狛犬。気が抜ける…いや、癒される表情です。石段上に石灯籠二対。紀年銘は文政13年9月吉日。もう一対は平成9年10月10日。奉納記 ...

『鳥越観音(岩手県)~其之弐』からの続き。植樹記念之碑。碑文は読みませんでした。末社。馬がいます。馬頭観世音(蒼前様)のようです。仁王坂を上ると仁王門が見えてきます。五丁目です。手水舎。蒼前様の碑。鳥越山碑(昭和6年)。仁王門にある梵鐘。梵鐘の横には「鳥越 ...

『鳥越観音(一戸町)』からの続き。参道脇には巨木が聳え立ちます。宮古沢のアズマヒガン桜(一戸町指定天然記念物)…『アズマヒガンは、別名エドヒガンとかウバヒガンと言い、ヒガンザクラとは別の種類です。花のめしべが有毛であることで、ヒガンザクラと区別できます。 ...

岩手県二戸郡一戸町鳥越。シリーズ其之壱です。大きな鳥居です。人間と比較。ちなみに馬仙峡男神岩展望台からもこの鳥居が見えます。その様子は『男神岩 ・ 女神岩 (馬仙峡展望台)』の記事を参照ください。額束。昭和46年9月吉丸竹軒書。この標識を見逃さないように。鳥居 ...

鹿角市尾去沢軽井沢。史跡尾去沢鉱山方面。社号標。裏面碑文「昭和十三年十月遷座」。参道。灯籠三対(昭和13年10月)。参道赤松。狛犬一対(石工:花輪町田中清一)。紀年銘は蜘蛛の巣が邪魔で読み取り断念。御祭神は大山祇命、金山彦命、豊受姫命、天之鈿目命、照皇大神、 ...

『尾去沢鉱山(鹿角市)』・『尾去沢鉱山(山神宮)』・『尾去沢鉱山(坑道見学)』からの続きです。石英安山岩(DACITE・ANDESITE WITH QUARTZ)。石英脈に黄銅鉱と黄鉄鉱含有。鉱石運搬。各切羽(採掘現場)より鉱石を積込んだ鉱車を連結し中央鉱井(貯鉱場)まで搬出する ...

↑このページのトップヘ