くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

東北地方の神社仏閣を中心に、歴史的建造物等々を適当に紹介しております٩(ˊᗜˋ*)و

1
青森県弘前市大字新寺町。行岳山金光院西光寺。
2
由緒等については以前の記事を参照下さい。
3
地蔵菩薩。ちなみに手前の看板には「書の学舎 瑞韻書院 随時受付 工藤大玄」とあります。
4
銘『この地蔵菩薩は、昭和19年10月28日、当山第三十八正誉昌瑞代に西光寺檀家西村進氏により無縁仏供養の為に寄進されたものであるが、老朽化に伴い、平成5年檀家一同の浄財により補修を行う。その後も破損等が進み、この度改修工事を行い、現状をここに留める。平成23年仏歓喜日西光寺第三十九世大誉昌樹』
5
石垣金光上人遺跡。
6
南無阿弥陀佛開山金光上人八百年遠忌上酬慈恩とあります。
7
石垣金光上人塚。
8
8.5
南無阿弥陀佛。
9
正牛塚って何だろう。
10
六角の地蔵堂。
11
11.5
六地蔵。
12
山屋長太夫墓…「究竟院殿讓譽必至正眞居士 山屋長太夫墓 文政三庚辰年九月十二日 正真院殿讓譽必至妙道大姉 同室 天保二辛夘年四月十二日」※山屋長太夫は津軽史に名前が掲載されているので有名な方。詳細は調べていません。
13
裏面…「是為山屋君墓君諱英正字秀方姓藤原藩大夫也葢君未弱冠為書院郎以特秀之資轉遷者八矣竟為參政實文化五年也於是祇役東都者三供赴京師大坂者一矣皆有功勞君為人温良有惻怚之愛況毅有斯決之才好善如渇徙義如流和順内積威望外發是以衆■畏而懐之性■■■明於治道達於事情是以居官能理位髙而愈恭功■而■■■■■■是以■■不誠良大夫哉文政三年春■公在東京召■■■■■■■■■■■■■來與以寵異之人莫不以為榮既而還途雖■■■■■■■■■■■■■■月十二日卒葬西光寺先塋之側■■院郎至于■■■■■■■■■■■■■間宮氏有一女無男而歿再娶猪俣氏無子■公■■■■之子正直為■■■其女生二男一女曰俊八日佳蔵而正直先死於是以俊心為嗣文政五年壬午秋九月石岡健謹撰工藤行敏書」※自信ありません。
14
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
2019年10月26日-12月8日。国際芸術センター青森。
2
四季のアーケード。
3
人はまだ何もない狭間にあらゆる物を生み出してきました。見つけた退屈な隙間を埋めるように、野原に町が、それが広がり都市がうまれ、発展した社会では時間の隙間さえも埋められ繁栄を極めたかのように思えますが、その増幅する騒々しさに時に辟易させられています。
4
一方で、人は何もない狭間に価値を見出してきました。絵や文字の余白に心地よさを覚えたり、音の間隔によって音楽の抑揚を感じたり、行間を読むことによって文学の深みを受け取っています。つまり私たちは想像力/創造力によって、空虚にも見える狭間から賑やかさを受け取る術を持ち合わせているのです。その術によって豊かな賑々しさを生み出し表現するアーティストと共に物事の狭間をのぞき込んでゆきます。
5
芸術の秋ですから。
6
参加アーティスト:ミラ・リズキ・クルニア(インドネシア)、佐藤浩一(日本)、宇多村英恵(日本)、エルモ・フェアメイズ(オランダ)、アヌシュカ・ラジェンドラン(インド)。
7
7.5
世界の終わりと世界の始まり。
8
循環する水・記憶。
9
北大西洋の不明な地底(成分:クォーツ、炭酸塩、有孔虫、ヘマタイト砂、重鉱物)、陸源火山堆積の地底、石灰質の地底、東南アフリカの陸源堆積泥、有孔虫、3万年前の十和田-大不動テフラ(大不動火砕流)、ラモント・ドハーティー地球観測所が船で採取した世界中の地底サンプル、出来島で採取した地層の一部、ガラスを含んだ出来島の地層、マイクロプラスチック、出来島の埋没林、有孔虫の拡大写真など。
10
10.4
10.8
仏ヶ浦の砂浜で採取したプラスチックが付着したギンカクラゲ(西日本の海域に生息。高海水温を示す指標)。
11
「ステージングウッド」「線と線の間に」などなど…途中から全然写真を撮っていなかったみたいです。
12
撮っていたつもりでいたのですが、集中していたんでしょうね。芸術の秋ですから。
13
一応、私の下手くそな絵は描いてきました(ラジェンドラン・線と線の間に)。
14
森の中の展示作品。
15
国際芸術センター青森では、常設の展示室がない代わりに、敷地内に野外作品が点在しています。野外彫刻として作られた作品、アーティスト・イン・レジデンスで制作されその後しばらく残っている作品などが混在しています。
16
外も見て回ったのですが、やはり写真を撮っていなかったみたいです。方向音痴&寒かったからです。
17
案内地図を見ながらじゃないと作品だと気付かないものもありました。ただ単に私が芸術に疎いからです。昔はよく日展に行ってたんですけどね…誘われてただ行ってただけ。これからはもっと芸術に触れていきたいと思います。
18
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
秋田市寺内鵜ノ木にある空素沼神社の鳥居。秋田縣護國神社参道口(秋田中央交通のバス停(護国神社前))付近。空素沼神社の鎮座地はここから離れた場所(秋田市寺内高野)、空素沼の南にあります。
2
2.5
この鳥居からだと白龍神社や池田稲荷神社の方が近いです。いや、古四王神社の方がまだ近いですね。この場所には鳥居(御大典記念・平成3年8月23日、空素沼神社氏子会、空素沼神社崇敬会、寺内青年講友会奉納)と社号標(明治29年)と手水石のみがあります。
3
近くの案内板でもこの位置に「空素沼神社」と記しているものがあったので、道路沿いでこの鳥居だけを見つけ、悩む方がいるかも知れません。一之鳥居と鎮座地がかなり離れていることは、神社巡りをしているとよくあることです。
4
ってことで、かなり離れまして、空素沼神社正面参道の鳥居。秋田県秋田市寺内高野。
5
参道鳥居。
6
灯籠一対。
7
パンフレットによりますと、『その昔、オオカミが集まったことから「狼沢(おいぬさわ)」や、この沢に入って帰る者がいなかったことから「帰らずの沢」などと呼ばれていたそうです。9代藩主佐竹義和の時代、日照りが続き、補蛇寺の徳善住職、赤田の是山和尚、天徳寺の義産和尚がこの沼の主に雨乞いの祈願をしたところ、霊験あらたかだったので、ここに3頭の龍神を祀りました。それが現在の空素沼神社です。神秘的な伝説がたくさんある、秋田市のパワースポットです。』とあります。
8
社号標と鳥居。
9
石灯籠一対(昭和41年8月23日、平野政吉建立)。
10
10.5
手水石。
11
神社庁より…『御祭神:高おかみ神。例祭:8月23日。創立年月日上詳なれども、当社は空素沼の南岸高所にある。沼はもと狼ヶ沢といって、小沢と田地とがあったが、元禄元年7月23日一夜にして漫々たる大沼となり、水清く沼面透徹深さ測り知られず、老杉古松四周深遠幽遂の神秘境にして里人深く畏敬、敢えて近づく者もなかった。藩主佐竹義和公の時秋田地方に大旱魃あり、藩主憂い補陀寺の徳善、赤田の是山、天徳寺の義産に雨乞を請わさせたところ、忽ち霊験あり、沼側に一祠を創建、龍神を祀った。これが当社の起源である。万延年中、河辺郡大山村勢覚寺の和尚、藩主の請により当社に祈請霊験を得、藩主大いに賀して勢覚寺の寺号を賜ると伝え聞く者、益々霊験の顕著なのに驚き、崇敬愈々深いものがあった。又曰く狼ヶ沢即ち大神ヶ沢であって天然神を祀り、その起源極めて古く高泉神に起源を求むるものもある。近年大曲仙北地方民の信仰篤く講社の結成多数、社殿の増改築を行い、春秋の講社祭には殊に参拝者が多い。』
12
社殿。
13
拝殿向拝神額。
14
拝殿内。
15
本殿覆屋。
16
小道があります。高清水公園方面かな。高清水岡(古代)は秋田市寺内高清水岡。庄内にあった出羽柵が天平5年「秋田村高清水岡」に進められました。東西1,200m・南北1,100mほどの不整扇形で約67haの広がりを持ちます。標高平均約30m、最高50mの岡には名泉が湧くのでこの名があるといわれています。現在もいくつかの泉があり、地名の起こりに結びつけられたりしていますが、古代地名の源拠となったのは現在空素沼と呼ぶ堰止湖の水源となった泉と思われます。柵は秋田城となり、高清水岡は長く政治・軍事の中核となりました。このような城柵にとって用水は不可欠なものであり、この沼の豊富な水源は極めて重要な意味を持ちました。付近一帯は住宅地になり、高清水公園として市民の憩いの場・桜の名所となっています。
17
パンフレット(あきたのまち再発見ぐるっと文化財マップ寺内地区編)によりますと、この道は「久保田城間道!?」と記されており、その先の空素沼に至る階段の手前に石碑群が記されており、小野小町塚などもあるそうですが行きませんでした。なぜならネットで検索したら心霊スポット的な情報ばかりがヒットしたからです。
18
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

↑このページのトップヘ