くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

東北地方の神社仏閣を中心に、歴史的建造物等々を適当に紹介しております٩(ˊᗜˋ*)و

百沢街道の途中に高照神社の社号標がひっそりとあり、その社号標がある新法師から長い坂道参道を下っていきます。
イメージ 1
菅江真澄が大浦城より、御台(五代)、老母橋(馬子橋)、山崎の諏訪神社、兼平…そして百沢寺を目指す過程に次のような記述があります。
「南に羽黒の神をまつり、山の北に八幡山が眺められ、新法師という村がある。山のふもとにも、もと、しんぼっしという部落があり、また宮地というところがあるのは、遠いむかしに何とかいう宮がそこにさすらい来られて、世をいとい、出家されて、新発智となられたゆかりの地名であるそうだが、いまは文字を書きたがえている。ごだいというところは、その御台があったともいう。百沢寺を造営するというときに、坊をかりにつくり、そののちに、いまの寺のあたりにうつしたとかで、それで新坊地の名がのこったとも伝えている。左に松ばかりがふかく茂っているなかに、高岡の宮があるという。こうして坂をくだってくると百沢の村である。救聞持法を行なう寺があり、虚空蔵菩薩をすえて、救聞寺という。」
イメージ 2
自然の木々に囲まれた気持ちいい坂道。
イメージ 11
1つ目の湾曲
イメージ 20
そして2つ目の湾曲に差し掛かると橋があり…
イメージ 40
正面に岩木山がドンッと現れます。
イメージ 41
さらに橋から真っ直ぐと延びる道…
イメージ 42
歩き続けると…
イメージ 43
その先には…
イメージ 3
弘前市高岡神馬野にあります高照神社。
イメージ 4
菅江真澄は『津軽の奥』にて、「高照霊屋に詣でた。その神殿がたいそう大きく高くつくられているのが、松杉の茂っている間から、まず現われ見えて、祭司、宮守の住家、神馬の馬小屋などが雪のなかにうずもれてるなかに、まだ芽ぐむ気配もない桜の梢がたちならび、雪をふきこぼす柳の糸が煙っていた。こうして神前にぬかすぎ、この君(第四代藩主津軽信政)の功を思った。」と書いています。
イメージ 5
吉川神道を信奉した弘前藩4代藩主の津軽信政は、自らの葬地を高岡と定め、宝永7年(1710)に弘前城で死去しました。5代藩主信寿が遺言に従って神葬。正徳元年(1711)に廟所を、翌年には本殿などを建立したほか、享保6年(1721)には門前に屋敷割りを行い、現在の高岡集落(12家が移住し祭祀を担いました。)の元をつくりました。
イメージ 14
ちなみに吉川神道の創設者である吉川惟足から「高照霊社」の称号が与えられ、高岡高照霊社と称していましたが、明治初年の神仏分離令により「高照神社」に改称したそうです。
イメージ 15
4代藩主信政公(正保3~宝永7年、1646~1710)。
イメージ 7
その後、7代藩主信寧が拝殿を、9代藩主寧親が随神門や廟所門を整備。
イメージ 8
社殿は陸奥会津藩初代藩主保科正之を祀る土津神社(福島県猪苗代町・延宝3年(1675)に造営されるも戊辰戦争にて焼失。現社殿は明治13年再建。)をモデルとした準権現造。社殿配置は東西に一直線で鳥居、随神門、拝殿・幣殿が並び、廊下を挟んで中門から本殿に至り、更に西方200mに廟所と墓所がある独特の構成となっています。墓所は八角柱本墓(「高岡霊社」、「津軽越中守従五位下藤原朝臣信政」、「宝永七庚寅年十月十八日」を刻む)と四角柱拝墓(「弘前藩主越中守藤原信政墓」と刻む)の2基。廟所と墓所は拝殿の右手を迂回して行けます。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 12
このように吉川神道の教えに基づいた建造物群で現存するのは他に例がなく、更に江戸時代中期の神社建築の特徴をよく現していることから、平成18年(2006)7月、本殿をはじめとする建物8棟と信政公墓2基が重要文化財に指定されました。
イメージ 38
イメージ 13
イメージ 6
ここだけボロボロ…
イメージ 39
54点にのぼる絵馬と1点の棟札があります。享保13年から慶応4年までのものが52点、明治以降(明治8年・16年)のものがの2点。絵師は新井晴峰らで、図柄は神馬、日本や中国の歴史上の人物、鶴や鷹、旭日に松などの慶事に係るもの。黒塗りの縁がついた杉板に極彩色で描かれており、額の上部が山型のものは弘前藩主やその親族、直線型は藩の重臣が奉納したもの。
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
宝物殿に以前訪れた時には古地図や絵図がたくさん展示されてました。今回は主に刀。とにかくお宝の宝庫なので毎回展示物も変わるのでしょうね。個人的には古地図の時面白かったです。
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
太刀銘「友成」は「君萬歳友成」と呼ばれ、藩祖為信が豊臣秀吉から拝領したものと伝えられます(下の写真手前)。明治10年に旧藩主津軽承昭が寄進。銘真守(さねもりづくり)は信政の佩刀で、5代藩主信寿が宝永7年(1710)に寄進。いずれも鎌倉期の作とされます(下の写真奥)。
イメージ 19
信政着用「黒小實勝色威甲冑」
イメージ 18
三河国長篠合戦ノ図
イメージ 17
【開館時間】
4月下旬~10月末日
10~16時
火曜日は休館日
イメージ 16
2016年再訪記事:『高照神社 (弘前市)
2019年再訪記事:『高照神社 (弘前藩歴史館)

今回は黒石陣屋の絵図に従い、実際に黒石の町を歩いて回り、門趾に残っている石柱を頼りにしながら陣屋の大きさを体感してみたいと思います。
イメージ 1
陣屋内には御殿、台所、御蔵、焔廠蔵が配されていました。まずは大手門。
イメージ 20
桝形です。
イメージ 25
イメージ 26
そして大手門近くには、町令所や太鼓櫓がありました。
イメージ 27
イメージ 3
さらに、中門、無常門が北側にありました。
イメージ 19
イメージ 4
イメージ 5
同じく北側に御制札場。
イメージ 18
イメージ 6
御制札場趾の石柱には車が突っ込んだそうで…まさに痕跡の痕跡状態(笑)
イメージ 7
西側には馬場。
イメージ 2
南東には津軽信英を祀った御廟があり、南側には蝦夷館と呼ばれる地が置かれています。
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 12
御門内に入るためには大手門か西門を通過しますが、これらは典型的な桝形門となっていました。
イメージ 15
住宅の塀に埋め込み…
イメージ 9
これが本当の埋み門w (注:西門は埋み門ではありません)
イメージ 10
江戸期に藩主に奨励された黒石盆踊りは主に地蔵院境内と陣屋西門の桝形にて行われていたそうです。
イメージ 11
西門から北側の元町付近も桝形となっています。
イメージ 16
イメージ 17
陣屋の東側には空堀がありましたが明治の初め埋め立てられています。東門は現在の市役所付近。
イメージ 14
イメージ 8
陣屋は明治維新以降廃城、現在は市民文化会館や中央スポーツ館となり、馬場趾が黒石公園(御幸公園)として整備され、黒石城趾の石碑も残しています。
イメージ 13
イメージ 21
西門趾の埋め込み石柱を見て思ったのですが…馬場にあるこれってまさか…馬場趾の埋め込み失敗!?…違うか(笑)

津軽・弘前藩の支藩に黒石藩があります。
イメージ 14
黒石陣屋は明暦2年(1656)に津軽信英(弘前藩三代津軽信義の弟)が、甥の4代弘前藩主津軽信政を補佐したことで弘前藩から5千石が分地され旗本に列し、その信英が明暦3年(1657)頃に造営したのが黒石陣屋です。
イメージ 17
イメージ 15
※陣屋とは江戸時代幕藩体制における大名領(藩)の藩庁が置かれた屋敷、また徳川幕府直轄領の代官の住居および役所が置かれた建物のことで、一般的に3万石以下の城を持たない大名が陣屋を持ったとされます。
イメージ 18
イメージ 16
実は黒石には戦国末期に津軽為信が居所とした黒石城がありましたが、弘前藩領っであったため、信英はその地には入らず東方に陣屋を造営したと言われます。陣屋は城壁が黒かったことから烏城(うじょう)の異名を持ちました。
イメージ 13
黒石津軽家は旗本として8代続き(6代寧親は本家を相続)、その8代目の親足の時の文化6年(1809)、新たに6千石を加増されて黒石藩が誕生し陣屋内部には藩庁が設置。しかし内実は弘前藩の統制を強く受け、黒石藩は親足以後、4代続いて明治維新を迎えます。
最後の黒石藩主(黒石津軽氏10代、津軽承叙子爵)
イメージ 12
陣屋敷地は黒石台地のキワ。南方は崖地でその下を宇和堰(天和3年(1683年)に掘られた人工の用水堰)、小阿弥堰(寛永年間、1643年~後20年、斎藤小阿弥太夫施工)、浅瀬石川が守ります。この姿はまさに自然の土地を利用した要塞。
イメージ 20
※黒石市は元の南津軽郡黒石町、中郷村、浅瀬石村、山形村、六郷村、尾上町の一部(追子野木等)を合わせて市制。中心の城下町は小さく、戦前までは周辺のほとんど中郷村に囲まれていました。南のキワも宇和堰までが黒石町で、宇和堰を越えれば中郷村でした。
イメージ 22
現在城址の石柱がある場所は主郭ではなく、西の郭の馬場・矢場です。陣屋中核は現在市民文化会館の敷地となり遺構はありません。
イメージ 23
イメージ 19
大演習参加の将兵(大正4年10月23日)。内町と大工町の街並みが伺える貴重な一枚。
イメージ 25
現在は御幸公園。明治33年に旧黒石藩主陣屋の馬場跡を整備し「黒石公園」として開園。
イメージ 26
纒振りの後方に招魂堂が見えます。
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 3
大正4年に陸軍特別大演習が行われた際、大正天皇が訪問されたのをきっかけに「御幸公園」と命名。現在も運動会や黒石よされ等が行われたり、黒石ねぷたの待機場所になるなど広く市民に利用されています。
イメージ 4
イメージ 5
※陸軍特別大演習(10月19日~10月24日)は第八師団司令部(弘前)に大本営を置き、青森方面から侵入する北軍(第二師団、第七師団)と弘前を防衛する南軍(第八師団)が弘前の東北方で遭遇し、大決戦を行うという想定で行われました。23日は中郷村東野添で白兵戦演習終了後に両軍が黒石公園内にて講評を受けました。翌日弘前で親閲式をして終了。
イメージ 6
あずまや(大正4年)
イメージ 2
あずまや(昭和7年)。屋根が変わり、石組み、階段の上に新築。
イメージ 11
現在。
イメージ 21
イメージ 24
オート・バイシクル愛好者による黒石モーター・サイクル・クラブはさかんにスピードや遠乗りを楽しみました。旧藩主の孫にあたる津軽益男子爵を中心としたグループだったそう。
イメージ 1
大正4年の招魂堂
イメージ 7
昭和7年の招魂堂
イメージ 8
現在
イメージ 9

↑このページのトップヘ