くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

東北地方の神社仏閣を中心に、歴史的建造物等々を適当に紹介しております٩(ˊᗜˋ*)و

津軽平野南東隅の微高地に築かれた平城で、西から東側に主郭、二の郭、三の郭を連郭式に連ねたシンプルな構造。規模は東西90m×南北150mで周囲には堀があったと推測されていますが詳細は不明。
イメージ 1
永禄年間(1558~1570年)中期、大光寺城主滝本播磨重行が敵対する乳井福王寺の抑えとして築かれ、家臣平岡惣右衛門盛影を配しました。
イメージ 4
永禄8(1565)年6月、福王寺別当の乳井覚恩坊玄蕃を暗殺した滝本重行は、更に玄蕃の子覚林坊大隅守建清を圧迫し乳井領を侵食。しかし元亀2(1571)年5月、大浦(津軽)為信が南部氏の津軽郡代石川高信を急襲して石川城・和徳城を攻略すると、建清はこれに呼応して高畑城を急襲して属城にすると、ほどなく大浦氏の支配下に入ります。
イメージ 5
同年8月、南部氏は瀬田石隠岐守を津軽に派遣し高畑城を攻撃しましたが、建清は大浦氏の援軍を得て南部勢を撃退。天正3(1575)年11月、大浦為信が大光寺城攻略に動くと建清はこれに従軍し滝本重行を津軽から駆逐しました。同7(1579)年7月、滝本重行、北畠顕則が旧領奪還のため津軽に侵攻すると、高畑城は乳井城・乳井古館・乳井茶臼館ともに滝本勢の攻撃を受けて陥落。
イメージ 9
しかし六羽川の戦で滝本勢は大浦勢に敗北を喫し、比内に撤退を余儀なくされ、高畑城はほどなく乳井氏に戻されたと考えられています。その後の高畑城の消息は不明ですが、建清が大光寺城主となった天正10(1582)年頃には廃城になったと思われます。
イメージ 10
筆塚がありました。
イメージ 11
イメージ 3
高畑村の産土神として熊沢の毘沙門天堂があります。毘沙門天堂は高畑城主平岡惣右衛門盛影の勧請で、天正年間より氏子が運営。その後神仏分離の際に神明宮と改められました。明治6年には薬師堂村の熊沢神社の相殿に遷されましたが、明治末期に復社。
イメージ 6
イメージ 7
神明宮境内も恐らく郭祉、境内の西には用水路、北方の神明宮裏手に堀跡が僅かに面影を残すのみです。
イメージ 2
2016年再訪記事→『神明宮 (平川市高畑熊沢)
イメージ 8

イメージ 6
明徳館は久保田藩第9代藩主佐竹義和が開いた藩校です。
イメージ 4
『成章書院は寛政5年(1793)8月3日秋田の御学館(明徳館)の申渡しにより創立され、同日付けで教授に塩谷頼母、大森金吾の2人が、教授見習に5人が任命された。創立当時は郷校と呼ばれていたが、寛政10年(1798)に御学館から正式に「成章書院」と命名された。「成章」の語は論語から採られたもので、その意味は「美しいあやのある文章を作る」である。寛政12年7月17日、第九代秋田藩主佐竹義和公より直筆の「成章書院」の書がご下賜になった。御学館からは、堤学(毎年)や督学(数年に1回)が派遣されて、それぞれ人事、指導監督、学習指導及び学業試験等が実施されたが成章書院は他に比べて、生徒の風紀も厳正であり勉学も熱心で成績もよく、職員の勤務状況も極めて良好であると御学館における評価が高かった。また成章書院に学んだ武士たちには、家塾を開いて町民に教える者も多く、そのため十二所では、好学の気風が盛んになった。平成元年8月1日十二所史蹟保存顕彰会・十二所自治会。』
イメージ 3
略歴寛政元年7月8日(1789年8月28日)、久保田藩の家老・疋田斎(柳塘)の申渡しにより藩校建設が公式に決定。翌2年3月11日(1790年4月24日)に校舎完成。寛政4年3月14日(1792年5月4日)開講。校名を明道館から明徳館とし、武芸所、医学館、和学方等を徐々に整備し、明治初期まで存続しました。明治7年書院跡に成章小学校創設。平成4年に移転。
イメージ 5
この看板…「成章書院之趾すぐあと」って読んでしまいます。後「ろ」が必要ですね。
イメージ 2
何やら大規模な工事をしていました。発掘調査!?
イメージ 1

三世寺一帯は、鎌倉時代鼻和郡尻引郷(しりひきごう)で、藤崎安藤氏の領地でした。
イメージ 13
イメージ 24
イメージ 33
イメージ 34
そしてこの地には、天台宗三世寺が独立丘陵に館を構えていました。
イメージ 1
イメージ 2
同寺の大檀那は安藤氏で別当は熊野修験であり、したがって館は修験館です。
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 35
イメージ 41
イメージ 38
神明宮はこの館跡に位置し、境内に7基の板碑がまとまってますが、元は付近一帯に散在していたもの。
イメージ 22
イメージ 15
イメージ 16
7基とも安山岩に種子を刻み、5基は鎌倉時代末期から南北朝中期までの紀年号を有しています。
イメージ 40
この中には2対4基の連碑(れんぴ)があり、そのうち1対は講衆碑(こうしゅうひ)。また釈迦種子碑としては県内最古の年号を有する碑です。
イメージ 17
これらの板碑は、文書史料の乏しい当地方の中世の歴史を知る上で、貴重な史料となっています。
イメージ 18
しかし、ほんと大きいし、立派な板碑ですね。
イメージ 19
板碑は読めない私ですが、説明板もちゃんとあってわかりやすいです。
イメージ 12
イメージ 14
これは!?(( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
イメージ 20
何て愛嬌のあり過ぎるお顔。
イメージ 21
三世寺付近は慶安元年正月に大雨で大洪水になった記録があります。知人に聞いたところによると、今でも大雨の日は大変なことになるらしいです。永禄日記や平山日記によれば万治2年藩の御蔵が建築され、岩木川の掘替えがありました。この辺りは年貢米を集積する役割を持っていました。
月見野橋です。
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
神明宮由緒。
御祭神は天照大神。創建不詳。
青森県神社庁によりますと、貞享4年、弘前藩にて田畑免除法を定めた際、現社地は三世寺、小山両村抱え境内地として調定し、寛政8年には社寺領に属する旨、検地元帳に登録されたといいます。明治6年4月村社。
イメージ 10
明治初年に中崎村から遷座した月夜見神も祀られていました。
イメージ 23
イメージ 11
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
神明宮境内にあるこの門はかつての児童館の門らしいです。児童館は今は存在しません。
イメージ 9
こちらは…
イメージ 30
疱瘡神宮。
イメージ 31
天然痘みたいな石(( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
イメージ 32
新しい拝殿です。そういえば一度火事になっているような…。
イメージ 4
拝殿から正面参道を見下ろす。城郭を感じさせます。
イメージ 39
本殿は鞘堂内部にあります。
イメージ 5
神明宮への鳥居を潜る入口が本殿から見て3方向にありましたよ。
イメージ 3
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

↑このページのトップヘ